ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

雑記型ブログの存在価値 ~より長くブログを続ける為に~

大きな分類として、「特化型」と「雑記型」に分かれるブログの種類。一つのジャンルに限定したお役立ち情報を発信する「特化型」のブログの方がPVを稼ぎやすいといいます。

 

この「PVを稼ぐ」という考え方が、ブログを長続きさせない原因になっているのではにないでしょうか。日々のPVに、一喜一憂しているうちに、自分に無理が生じてきて嫌になったり、快心の記事をUPしたのに思い通りにPVが伸びずモチベーションが下がったり。

稼ぎたい!!と明確な意思のある人は別ですが、せっかく始めた「ブログ」をより長く楽しむために、少し立ち止まって考えてみませんか?

f:id:mifuketa:20190506125001j:plain

●PVを意識するのかしないのか

せっかくブログという、世界に発信できるツールを利用しているのですから、「より多くの人に読んでもらいたい」という気持ちがあるのは当然のことです。考えるべきは、「PVを稼ぎに出るのか、出ないのか」だと思います。下記にて触れていきますが、PVを得るためのテクニックは色々あるでしょうし、検索すれば沢山ヒットします。

 

 

●他人の人生を歩むのか、自分の人生を歩むのか

PVを稼ぎたいのなら、お客様(読者)目線に立たなければなりません。一般社会と同じで、お客様が欲しているものを提供することが必要になります。そうなると、自分目線での「書きたい物・知ってほしい事」を優先するのではなく、他人(読者)に合わせた、もっというなら他人(読者)が書いてほしいような記事の取り上げ方と内容にしなければなりません。一つの例としては、検索上位のキーワードを、タイトルに盛り込み、その内容を書けばいいのです。自分の興味が有る無しに関わらず。

 

 

 ●何でも書いていいのが「雑記型」のメリット

「雑記型」はネタ元を心配する必要がありません。ジャンルを限定していないのですから、手当たり次第に(表現は悪いですが)お題を見つけて、掘り下げた内容に仕上げるのです。「良質な記事」とよく表現されますが、最低限自分の中で、「誰に読まれても大丈夫」と思えれば、とりあえずそれでいいのだと思います。

 

 

 ●SEOなど、読者の目に留まるために

「雑記型」に代表される日記などの記事は検索にヒットしずらいはずです。その分、爆発的ヒットを生み出しずらく、PV増加が難しいのです。何故ならタイトルなどに盛り込まれるワードの意味が広すぎて、検索上位に反映されづらいという事が一つの原因として上げられます。自分のブログに立ち止まってもらう為に、タイトルなどは、工夫が必要です。

 

 

 ●読者の気持ち

ブログの最大の魅力の一つが、「多くの一般人が発信している」ということ。著名な方の記事よりも、親近感が湧き、身近に感じることができるからこそ、お役立ち情報は『自分にもできるかも!』『私も欲しい!』と行動しやくすなり、日々の生活模様や日記的記事は『癒し』や『温かさ』や『孤独感の緩和』など、様々な感情を与えてくれます。ネットにつながる環境さえあれば、いつでもどこでも、自分の好きな、身近な価値観に簡単にアクセスできるのです。ここに「ブログの存在意義・価値・魅力」の大きな要因があるのです。

 

 

 ●ブログを長く続ける為に

多様化する現在の価値観は、誰が何を欲しているのか的を絞るのが困難です。だからこそ雑記的内容は、広角的に他方に広がり、偶然のマッチングにより「誰かの心に何か」を残していくのです。もし途中で強くPVを欲するようになったのなら、その時には方向転換し、お客様(読者)に合わせたブログにすればいいのです。「雑記」なのですから。

 

 

●最後に

たしかに「雑記型」は爆発的ヒットを生み出しづらいという側面はあります。「多くの方に読んでいただく」ことがPVに現れるのは確かですが、そのことだけに意識を捉われるのは「ブログの存在意義」から外れてしまい兼ねません。あなたの生み出す記事が、今日も誰かの心の支えや楽しみになっています。それは「PVの数」とはまた違った意味をもっているのではないでしょうか。

 

あなた(僕)の記事に興味をもってくださる人が、‘‘じんわり‘‘と増えてくれることを祈って、これからも記事を書き続けましょう。

 

 

 

少しでも誰かの心に響けたら!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。