ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

【はてなブログ】雑記ブログにありがちなこと

特化型のブログは、練りこむ内容が絞られ、記事を作成するときに、ある程度的を絞って書くことができます。それと比べて雑記型はどうでしょう。どんな内容を寄稿しても良い分、『何を書こうか?』と悩む事が多いのではないでしょうか?

雑記書きとして、どんなことを考えているのか、まとめてみようと思います。

 

f:id:mifuketa:20190715072716j:plain

『雑記』と思っていても『特化』である場合がある

『何かに役立つ』ことを前提に内容を絞っている記事を『特記型』と思っていました。しかし、『日記』や『ペット』や『継続している趣味』『ダイエット』など、一つのテーマで書き続けている記事は『特記型』と表現してもいいと思います。はてな内部も含め、啓発系の内容も多く目にします。『ライフハック』的な生きていく上での心持を説いた記事も多いです。そのような記事を寄稿する方々は『特記型』と表現できるはずです。寄稿するネタが限定されているという意味において。僕のように寄稿する内容がバラバラである人を完全なる『雑記型』と考えるべきです。

 

 

ターゲットを絞るのに悩む

完全なる雑記型の場合、まずはターゲットを絞ることに苦労します。記事を書くにあたり、『誰に向けて書くのか』を絞った方がいいとされています。記事内容もまとめやすくなりますし、記事の着地点を見定めやすくもなります。そして『検索』に引っかかりやすくするためにも、たとえ『雑記』とはいえ読者を意識した方が良いからです。

読んでいただいてなんぼの世界ですから。

 

 

何を書こうか悩む

無限にあるアイデアの中で、はたして何を取り上げ、どんな内容で書こうかと迷います。これは『雑記』特有のこと。特に収益を目的にブログをしている場合、記事内容は大きく影響してくることでしょう。タイトル決めも含め、検索を意識した寄稿を考えなくてはなりません。しかし世の中には無限にネタが広がっています。『自治ネタ』『一時的な趣味』『今日の買い物』『今、使っているもの』『ゲームのこと』『電子マネーの事』『映画やドラマ』『天気の事』。こうやって適当に上げていっても、深堀すれば記事にできそうな事が沢山出てきます。先に上げた『ターゲットを絞る』ことも含め、選択肢が多すぎるのも雑記型の特徴と言えますね。

ブログのネタ帳

ブログのネタ帳

 

ネタ探しに翻弄する

一見、無限にありそうなネタですが、やはり自分が興味を持ったもので無いと、調べたり気持ちが入った『生きている記事』は書けません。自分の心が動かないようでは、読み手の『読みどころ』を感じることができないと思うのです。そういう意味では『無限』では無い。雑記型は特に、書き手の個性が色濃く出てきますし、それが魅力の一つです。世界にはブログが溢れていますが、他のブログと自分のブログとの最大の違いは『個性』です。個性を出すことができなたら、自然とブルーオーシャンを行くことが出来、差別化を図ることができます。ただし需要量とは直結しませんが。

 

日々ずっとブログの事を考えてしまう

ブログを始めてから、行動が変わりました。いろんなところに出歩くことが多くなったのです。経験・体験を恐れなくなりました。おっくうに思わなくなったのです。

これまでなら『恥ずかしい』とか『痛い!』とか『危ない!』などと思い、気分を害して終わっていたことが、「これはネタになる!!」みたいな思考に変化してきました。買い物も変わってきています。テレビやラジオや、それこそブログなどで紹介されている物を、実際に買って試してレビューとして記事にすることを、自然と考えるようになりました。そういう意味においては、仕事中もプライベートでも、頭の片隅はおろか、常に『ネタ探し』をしているわけです。

このことはとてもポジティブな思考といえます。不幸な出来事すら記事にしてしまおうとする貪欲さは、逆を言えば、これまでなら心に留めてため込んでいたものを、外に吐き出し頭の中で整理する作業を自然と行っていることになり、精神衛生上とても良いことです。

 

 

まとめ

何を寄稿しても良いから迷っちゃう雑記型。かといって、誰かには読んでいただきたい。そうなると自然と読み手を意識し、だからこそ『書くことに悩む』のです。収益を意識するならなおさら。多くのPVを稼ぎ出す雑記ブロガーの方々は、本当に凄い記事を書いています。お役立ちから、読み応えのあるものまで様々です。そんな『雑記型』のメリットを生かした記事を、いつかは寄稿できるようになりたいものです。

雑記ブログの方は、自分の人生を広げるという意味で、本当にブログが一役かっているといえます。『ネタ探し』自体が、これまで興味の無かった事にでさえ、興味を示させ、ポジティブ思考に変えさせてくれるのですから。いや、ポジティブという表現は違うのかもしれない。『不幸を受け止める力』と言った方が適当でしょう。そんなあなたの、雑記ならではの味わい深い記事を多く目にすることを楽しみにしています。もちろんお役立ち記事も積極的に読みたいです!

 

 

少しでも誰かの心に響けたら!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。