ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

突然訪れる別れの時に後悔しないように、できる限りのことはしておきたいと思っていますよ

親孝行をしたい時分に、親は無し

 

僕の育った家庭環境は、けっして良いものではなかった。

www.hontoje.com

 

だから僕たち家族同士の関りも弱い。

 

そんな中で、当然お互い年齢を重ねて、老いていく。弱っていく。

 

おじいちゃんがそうだった。

 

70歳を迎えたあたりから、老いという名の体の弱りが始まり、入院したり。

脳梗塞の後遺症で、言葉を普通には発音できなくなっていた。

 

僕も大人になり、少しは家族や親のありがたみを感じるようになった。

たまに帰る実家では、なるべく会話を自分の生活ぶりを報告するよう、務めた。

 

弱っていくおじいちゃんに、ボケ防止のため、昔一緒にやっていた将棋を、また一緒にやろうともちかけ、簡単な将棋本をプレゼントとして渡した。

 

小さいころの僕は、おじいちゃんに将棋を習った。でも今は師匠であるおじいちゃんより僕のほうが強いはずだ。

日々の時間をもてあましているおじいちゃんを、少しでも楽しませたかった。

 

将棋の駒などは実家にあったので、次に来たときには、将棋を指そうと思っていた。

別にその日でもよかったが、少しめんどくさかった。

 

帰り際、椅子に座ったまま微笑みながら見送ってくれたおじいちゃん。

次に来た時には絶対に将棋を指そうって言って約束を交わした。

 

 

 

その二日後におじいちゃんは突然亡くなった。

 

 

 

僕はこの出来事が忘れられない。

 

いつまでも変わらない物なんてありえなくて、いつもいてくれる人が、必ずいつもいてくれる訳ではないのだ。

 

「行ってきます」と朝に交わした挨拶の続きの、「ただいま」を聞ける保証はどこにも無い。

 

 

ほんの少しの後悔が、心のシミとなって上書きされることなく残っていく。

 

 

 

一年に一度の帰省と考えたとき、あと何度親の顔を見れるのか。数えたことはあるだろうか?

 

どんな環境や関係であれ、親とは自分のルーツそのものである。

 

自分の今がどんなであれ、この世界に産み落とし、可視光が彩るこの世界の尊さを体感させてくれたのは、間違いなく両親なのだ。

 

僕を産み育ててくれた、そのことだけで感謝に値する素晴らしい仕事をしてくれたのだと、十分に理解できるようになった。

 

特別なことなど必要ない。

元気な姿を見せてあげたい。

 

 

 

少しでも誰かの心に響けたら!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。