ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

あの日の続き・・・【女の再就職】

彼女の言葉で、僕は頭をガツンと殴られた気がした

 

 

嫌な予感というか、悲しいというか、可哀そうというか、とにかくこの記事の続きを書こうと思う。

www.hontoje.com

 普段は行かない洒落たお店で、久しぶりに会った由紀子との会話は弾んだ。

お酒もけっこういける口で、会話に合わせてテンポよく飲み物のオーダーを入れる。

 

やはりと言っていいだろう。僕が持っている由紀子の情報はあまりにも乏しいものだった。今回本人から直接聞くことになったこれまでの出来事は、僕にとって、あまりにもショッキングな事ばかりだったのだ。

 

由紀子は今回でバツ2になるそうだ。。。

現在の仕事は、雑用も兼ねた事務職。

1人目の旦那も、2人目の旦那も,、お金のトラブルが尽きない人で、今回の離婚では遂に、由紀子にも返済の義務が生じてしまったようだ。

娘と2人暮らしの家計は切迫している。

 

1件目のお店を出るときの会計時、律義に財布を出すそぶりを見せてくれた。

もうそれだけで十分だ。

 

 

外は雨で、僕たち二人は傘を持参していた。コンビニ傘の僕とは違い、さすが女性とばかりに、安物だとは本人曰く、しっかりと色付きの傘を由紀子は持ってきていた。

しかし、帰り際の店の傘立てには由紀子の傘がなかった。

不運とは、こんなところにまで追っ手をよこすのかと、僕は悲しくなった。

店員からお店の傘を渡されたが、僕たちはそれを断り、コンビニ傘の中に二人で寄り添いながら次の店に向かった。

 

 

相合傘なんて久しぶりで。

肩をぶつけ合いながら歩く僕の隣の女性は綺麗で。

ここで下心が芽生えない男性がいたなら、即刻男を止めろと、はっきり言おう。女性にも失礼だ。

 

 

2件目に行くならBarと決めていた。

少し迷った僕は、店内の大きなガラス越しに、ネオンの街並みが見える店を選んだ。

この店にはめったに行かない。『勝負』する機会がめったに訪れないから。

 

f:id:mifuketa:20191006113017j:plain
f:id:mifuketa:20191006113020p:plain

 

写真が趣味で、インスタなんかにアップするのが楽しいのだと、由紀子は教えてくれた。頂き物のミラーレスカメラを持っていて、撮影のために登山などもしていたらしい。

どうりで運ばれてくるたびに、料理やカクテルの写真を撮るわけだ。

「カメラを貰うなんて凄いね」僕が由紀子に言う。

 

このあたりから徐々に話の内容がおかしくなってきた。

旦那の借金でトラブルが絶えない家庭。

子供の学費さえままならない家計。

今度こそはと、幸せを夢見て結婚した2度目の結婚生活も崩壊していく日々。

由紀子はやりきれない、満たされない気持ちを抱えながら日々を過ごしていた。

仕事に邁進し、気晴らしの趣味に没頭した。

由紀子の容姿だ。言いよる男性はかなりいたそうだ。

そしていつしか関係を持つようになった。相手が既婚、未婚を問わずに。

「私に隙があったのかな。。。」小さく笑いながら由紀子は言う。

 

由紀子の年齢上、どうしても既婚者の割合が多い。そして金と地位をもっている男が近寄ってくる。『愛人』や『割り切った関係』を求められるそうだ。

仕事のお客や、写真撮影の場所などで、声を掛けられたり、連絡先を書いた紙を渡されたり。男たちはとても上手に由紀子に近寄ってくる。そして由紀子はその誘いにのる。

 

寂しさを満たし、慢性的な資金不足を補うために一時の関係を持つ。

由紀子の話を要約すると、僕にはそう聞こえた。

 

世の既婚者男性とは、ほんとうに糞野郎が多い。

60代になってさえ、金をチラつかせながら由紀子に迫ってくるそうだ。

 

僕の下心はとっくに消えた。

悲しくなった。空しくなった。

言い寄ってくる男たちに皮肉を交えながら、由紀子は数パターンの話をしてくれた。

f:id:mifuketa:20191006115734p:plain

もう黙って聞いていられなくて、不倫という行為が如何に不毛な行為で、不健全で、ハイリスクで、未来の見えない行いである事。どんなに優しい言葉で愛を囁かれても、しょせん男は由紀子の体が目当てである事を、僕は淡々と説いた。

僕と同じ年齢の由紀子に対して、もう十分に大人な由紀子に対して僕は、説教じみた、しかも当たり前の正論を吐いた。分かり切った事を言ってしまった。

 

「あなたに何が分かるのよ。」

「このど田舎で、子連れのアラフォー女が借金抱えて生きていくってことの意味分かってる?」

「使える武器は使う。バカな男がそれに引っかかる」

「利用してるのは男の方ばかりじゃないのよ」

 

キツい眼差しを向けながら、由紀子は僕に言った。

大昔に当時の糞上司が酒交じりに僕に言った言葉を思いだし、胸がチクリと痛んだ。

「女はいざとなったらどうにでもなる」

 

 

 

結婚とは女性にとって憧れで、幸せを夢見てするもので。

子供を産んで、世間と肩を並べて、胸張って生きる為の手段で。

でも、由紀子に訪れた不運は何なんだろ。

他の女性は由紀子に、男を見る目が無いと言うのだろうか。

 

結婚って何なんだ? ある種の賭けか?

 

すっかり酔いの冷めた僕は、てっぺんを過ぎた腕時計を見て、店員に会計を頼んだ。

 

 

会計を待つわずかな時間が長く感じられて気まづかった。

そして最後に、一応、念のため、僕は由紀子に聞いた。

女性が引っかかりやすいナンパの方法を。

いや、マジで。

 

 

 

少しでも誰かの心に響けたら!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。