ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

今時の女子高生って未知の生物なのだが・・・ ~妻が残してくれたもの~

思春期を迎え、高校二年生になる娘。

 

僕には理解できない化粧をし、髪の毛で隠した耳には、ピアスの穴が開いている。

 

まだ隠してるだけ可愛いなと思っても、男の子のような言葉使いは隠されることはなく

 

 

「別に、いんじゃね?」

 

と僕に言う。

 

これが今時(いまどき)の女子高生なのか?

 

 

f:id:mifuketa:20190424195634j:plain

 

娘が中学二年の時に離婚しました。

 

心も体も、大人に向けて成長する大切な時期なのは理解していました。

 

そんな娘から僕は、母親との生活を奪う選択をしたのです。

 

 

先に断っておきますが、娘はグレてもいませんし、問題児でもありません。

 

ただ、高校生の女子の父という、初めての経験と、「いまどき」から遠く離れた自分の感覚が、娘を未知の生物として、僕の目に映し出されるのです。

 

 

離婚して3年あまりが経過しました。

 

母親の味(お袋の味?)から父親の味に変わった日々のご飯。

 

夕食を一緒に取ることが増えて気づいたことがあるのです。

 

娘はいつもしっかり「いただきます」といってからご飯を食べます。

 

見た目と違い、偉いなぁと感心していました。

 

 

 

あるとき娘に

 

「ちゃんと、いただきますって言うから偉いよな」

 

と言ったら、娘が

 

 

「えっ?私そんなこと言ってる?自分でも気づかなかった・・・」

 

 

との返答が。

 

 

 

 

妻は保育士です。

 

 

仕事で消耗した妻は、家庭では保育士としての片りんを見せることが無く、我が子の扱いが雑で不満に思っていた僕。

 

 

でもそんなことは無かったのですね・・・・

 

 

しっかりと娘に刻まれていたのです。

 

妻の子供に対する愛が・・・・

 

 

 

下のリンクは、離婚して間もないころの心の目まぐるしい変化です。

www.hontoje.com

 

 

あまり思い出さないようにしている妻の事。

そんな妻に感謝した、そんな出来事でした。

 

 

 

 

少しでも誰かの心に響けたら!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。