ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

【初心者必見】『はてなブログ』はタイトルが大事!!

初心者の僕が気づいた事。それは『タイトル』が大事ってこと。

えぇ~~いまさらぁ~~~って笑われそう・・・・

 

※この記事はブログ初心者や僕の様な検索流入でのPVが少ない人向けの記事です。

PVのほどんどを『はてな読者』さんに頼っているブロガーさんに向けて書いていきます。

 

 

f:id:mifuketa:20190606155809j:plain

ブログを始めた当初は検索流入などまったくありません。あるはずもありません。存在が認識されていないのですから。そうなると『はてな』内部を巡回し、色々なブロガーさんの記事に共感を得て☆なんか付けながら記事を書き続けていくと、☆を付け返してくれる優しいブロガーさんに出会ったりして、そのうち読者登録なんか頂いたりして、PVが少しずつ増えていきます。僕もそんな中の一人です。

 

 

初心者とはいつまでなのか

ブログ初期や初心者とはどのぐらいまでの期間を指すのか分かりませんが、一つの基準として期間ではなく『検索流入』が大事なのではないかと思います。『検索流入』とは、はてな読者では無い、はてな外部の人が検索で訪れてくれることを言いますよね。期間や記事数とは関係なく、検索流入で多くのPVを叩き出すブロガーさんは、すでに初心者では無いと思うのです。見てもらうために記事を書き、その通り多くの方に見てもらえている状態なら、すでに立派なプロブロガーです。僕のように100記事書かなくても検索流入でPVを頂いているブロガーさんは沢山います。どんなに沢山の記事を書いても、PVが少なければいつまでも初心者から脱することが出来ないような気がするのです。芸歴が長いのにいつまでも『若手芸人』と呼ばれてるみたいな・・・・

 

 

PVは間違いなくモチベーションに繋がる

仮にターゲットがいないブログだとしても、誰かに読んでもらえるってことは嬉しいことだと思います。じゃなきゃわざわざブログで書かなくてもいいわけですし。当たり前ですが最初はゼロですよね。一番最初は。それから営業活動なんかを始めて自分の事を知ってもらい少しずつPVが増えていきます。本当に少しずつですが。そしていつの間にか『はてな読者』さんが増えていく。この『はてな読者』さんの存在があるからっていうのが、はてなブログの人気の理由の一つですし、そういう人が多いと思います。僕もそうです。

記事を書いたら、とにかく誰かが読んでくれるってことは、ブロガーとして最大のモチベーションになるわけです。自分に反応してくれているわけですからね。わざわざ時間を割いてまで。

 

 

PV数と、はてな読者数が合わない

読者さんが増えていくと気づく事があります。それは『PV数と読者数が合わない』ってことです。僕はこの矛盾を何とも思っていませんでした。読者さんにだって都合がありますし、色んな人の読者登録をしている場合、記事アップ時間が重なったりして、自分の記事が表示の後ろになって、気づいてもらえなかったりするんだろうなぁって思ってました、実際そういうことだってあるでしょう。もしかしたら活動を休止している人もいるかもしれません。それでも変なんです。変だという事に気づいたのです。記事の内容なのか何なのか、PVに大きなばらつきが出るんです。PVは訪れてくれた人の数です。☆とは違います。だからよく考えたら『内容』とは関係ないのです。PVが少ないということは、内容を読んでくれる前に、見に来てもらえてさえいないということを知らせてくています。

 

 

タイトルが大事!!

どうして記事に足を止めてもらえないのでしょう。何で判断しているのでしょう。そうです『タイトル』です。それしか考えられません。自分の事を考えてみてください。「この記事、読んでみたいなぁ」「自分に合いそうだなぁ」って何で判断していますか?タイトルですよね。『一日で10000PV達成しました!』みたいな記事は、ついクリックしてしまいますよね?そうなんです『タイトル』だったんです。現状がはてな読者さんでPVを頂いている場合は、みなさんがブロガーです。だからブロガーが興味を持ちそうなタイトルだと、足を止めてもらえます。収益やPVやブログカスタムやバズった話などです。このことを基本にしながらも、自分の書きたい内容をアップしていくのが大事ですが。いずれは検索流入からPVを頂くことを考えている方は特に、自分の書きたい事をいかにタイトルで魅力的に、分かりやすく伝えるかという技術が学びどころなのだと思います。特に特化型でブログをやっている方は。

 

 

まとめ

とにかく多くの方に読んで頂ける方がいいですよね。ブログを書く意義を感じさせてくれますよね。そして沢山の読者を集めることができれば、それだけ価値観の多様性を集めることができるわけですから、いろんなタイトルに反応して頂ける可能性が多くなるということです。とにかく記事の魅力は読んで頂かないと伝わらない。読んで頂く為に『タイトル』を決めることに力を注いでください。100記事書いた僕の経験談でした。お役に立てたら幸いです。

 

 

少しでも誰かの心に響けたら!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。