ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

お掃除ロボット買ってみた

巷には、お掃除ロボットがいろいろありますが、僕は定番のルンバを購入しました。

 

購入して1年が経過しました。

機種や細かな機能というよりは、「お掃除ロボット」を使ってみた実感と感想をお伝えしたいと思います。

 

さて、お掃除ロボットって便利だと思いますか?

 

 

 

 

 

便利です!

 

f:id:mifuketa:20190404201938j:plain

何度も部屋の中をいったりきたり。かわいいです。

頑張り屋さんです。

 

ベッドの下だってなんのその!

壁にゴツンとぶつかっても、進行方向に障害物があっても、文句言うこともなく、ただひたすらに、黙々とお掃除をしてくれます。

 

「邪魔なものは寄せろよ!!」なんて、苦情の一つもありません。

 

ぶつかっては曲がり、曲がってはぶつかり、通ってきた道のりを記憶し、部屋の大きさを頭の中で描き、まだ通ってない道を探し、なるべく隅々までくまなく掃除をしようと頑張る彼の姿は、我が家に舞い降りた、お掃除の妖精のようです。

 

彼が通ったその道は、綺麗に吸い取ってくれて、裸足で歩いても、足裏に綿ごみ一つ付くことはありません。

 

そんな彼にも、苦手な場所があります。

 

 

f:id:mifuketa:20190404203138j:plain

配線がぐちゃぐちゃした所だと、配線を一緒に飲み込んで、喉につっかえて意識をなくしてしまいます(エラーで止まります)

 

 

f:id:mifuketa:20190404203824j:plain

ぴらぴらと薄い敷物も苦手。足にもつれ身動きが取れなくなったり、時には飲み込んでしまい、喉につっかえてしまうことも・・・・

 

 

 

 

お部屋の中にも、お掃除ロボットに立ち入ってほしくない場所がありますが、彼に言葉は通じません。

そんな時には、彼の苦手な天敵を見張りに立てます。

f:id:mifuketa:20190404204321j:plain

f:id:mifuketa:20190404204253j:plain

この勇ましい姿を見ると、さすがのお掃除の妖精も、半径60センチ以内には近づきません。
よほど嫌いなのでしょう。

 

 

 

そんなこんなで、我が家に舞い降りたお掃除の妖精こと、ルンバですが、いてくれて大変に助かっています。

 

しかし・・・・・・

 

 

 

 

 

彼を起動するにはひと手間必要なのです。

 

床に何もないシンプルなお部屋ならいいのですが、居間のような複雑な場所。

椅子やテーブルやカーペットや配線など、このようなものが配置されたお部屋では、主であるこちら側がとても気をつかいます。

 

前述しましたが、配線を巻き込んで止まっていたり、それだけならいいですが機材を壊されかねません。

 

またルンバ自体も高価な物です。余計なものを飲み込んで、もしくは絡まって壊れたりしないかと心配になります。

 

ですので、彼を起動する前に、一通り部屋の中を片付けます。

 

僕はそれが面倒です

 

 

部屋を片付けるぐらいなら、自分で寄せながら掃除機を掛けるのと、あまり手間が変わらないような気がするのです。

 

そしてお掃除ロボットも万能ではありません。人間の掃除機掛けを100点だとすると、ルンバは70点ぐらいだと思います。(居間のような複雑な部屋)

だから結局人間の掃除機掛けが必要です。

僕は1週間に1回は自分で掃除機をかけます。

 

 

お掃除ロボット(ルンバ)を一年使ってみた感想ですが、壊れたらもう買いません。

値段と利便性に差があります。

あくまでも僕の金銭感覚ですが。

 

 

お掃除ロボット購入をご検討の方に参考にしてほしいです。

 

 

 

少しでも誰かの心に響けたら!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。