ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

客観的にみる猫との暮らし ~実際どうなのよ?~

猫と暮らすようになり、8年目になります。

飼い方のハウトゥーは、さまざまなところで簡単に知識を得られるので、ここでは、猫を飼うことを迷っている人向けにお伝えしていきます。

 

肯定的にもならず、否定的にもならず、なるべく客観的視点で、よさそうな事も、悪そうな事も、そのまま表現するように頑張ります。

 

ネコ愛がにじみ出て、肯定的にならないように(笑)

 

出来れば最初に、目次の「最後に」を読んでいただければ、嬉しいです。

 

目  次

 

 

 

猫の行動いろいろ(順不同)

 

・従順さを感じない

 呼んでも来ません・・・・

 

・そうとう繰り返して教えると少しは「しつけ」的なことはできる

※叱り方の強弱は意味が無い。強く叱っても恐怖されるだけで無意味(嫌われるだけ)

 

 「しつけ」したいなら、ずっと誰かが家にいる環境の方は大丈夫だと思いますが、一   人暮らしの方、共働きの方など、日中ネコを一人にする環境では、家の中にネコの法律(好き勝手OK)が刻まれていきます。

 

・引き戸やドアノブがレバー式の開き戸(ドア)は、そのうち開けれれるようになる

 脱出されてしまうので、網戸にして換気したくてもできません。レバー式のドアは、ジャンプして開けられるようになります。

 

・爪とぎ

 我が家の室内の角という角は、全滅です。日中のネコを監視できなかったので。

ジャンプされたドアノブにもしっかりと歴史を刻まれています。

 

・トイレは何度か誘導してあげると、すぐに覚える

 僕は子猫の時から飼いはじめました。本当に数回程度、トイレに誘導してあげただけで覚えてくれました。

 

・ネコはきれい好き。ペロペロと頻繁に自分を清潔にしています

(体臭は僕は感じないし、友達が来ても感じないと言っていた)

 

 抱っこしたりして、直接嗅ぐとネコっぽい臭いはします(臭くありません)

 

・突然膝に乗ってきたので、なでなでしてあげると逃げる(なんで?)

 僕の状態に関係なく(PCで作業してるとか)突然膝に乗ってきます。でも触ると逃げます・・・・

 

・寒い季節になると、温かさを求めて布団に入ってくる(かわいい)

 就寝時には、布団に入ってくるネコもいれば、布団の上から股に乗っかるネコもいるし、顔の隣にくっつくネコもいるそうです。

 「暖かくて」+「寝心地のいい場所」に居座ります。

 正直言って寝づらい

 

・種類により、気性に違いがあるらしい

 ネコのDNAは、ほぼ解読されていて、毛の模様などにより特性が分類できるらしい(ネットからの情報)

 

・名前を呼んでも無視される(尻尾は振ってくれる)

 自分の名前を認識しているのかは疑問

 

・僕が好かれているのか分からない

 僕には息子と娘がいますが、就寝時は僕の寝室に必ず来るはずなのに、来ない時もある(なんで? 寂しい)

 

・なんか知らんけど、触ってると突然怒る(ツンデレ)

 触っていると突然不機嫌になり、ウゥ~と唸りだすことがあります。こんなに優しくしている僕なのに・・・理由とか未だにわかりません。触ってほしくなくなったのでしょう。

 

・たまに嘔吐する

 知らないとビックリします。僕は知らなくて病気?と慌てました。

自分をペロペロした時の体内に取り込まれた毛玉を、外に出す行為です。

 

・カーテンにジャンプしてしがみつく

 穴とか開きますよ

 

・動くものに興味深々すぎる

 家の中に飛ぶ虫がいようものなら・・・・

 何がそんなに楽しいのか知りませんが、ネコじゃらしをやると、凄く反応してくれます。

 

・マタタビってネコにとって何なんだ?

 マタタビの粉をタオルとかに振り掛けて渡すと、しばらく離しません。

 

・本当に怒ると引っかく

 これは繰り返しダメなことだと教えてください。

 僕はやられたときに「痛い!!」 と大きな声を出した後、普段触るより強めに力を入れて体を抑えたりして

「ダメ!」

と繰り返して教えました。引っかかれた直後にやらないと効果がありません。

そのうち「ダメ!」に反応できるようになります。

 

ざっくりこんな感じです。

 

お金の話

 去勢とか避妊とかトイレ用具とかで初めに少しお金がかかりますが、普段の生活では、ご飯代とトイレの砂代ぐらいしかかかりません。

僕の場合は月に3000円もかかってないと思います。

 

 

僕個人の感想

ネコがいてくれるだけで、家族の緩衝剤になってくれます。

家族喧嘩など、険悪なムードになったときにも、ネコにだけには、みんな優しいので、そんな場面を見ると、険悪なムードも和らぎます。

 

人間とは違い、正確な「意思の疎通」ができない分、僕たち人間の配慮が必要です。

僕たち人間の日々の暮らしの状態などお構いなしに、マイペースでいてくれるネコ。

そういうところがいいのだと思います。

何だか精神が乱れているときでも、安定してマイペースなネコのことを見ていると、自分を客観視できたり(笑)

 

 

最後に・・・・

 人それぞれに、さまざまな生活環境や習慣があり、考え方があります。

人生の途中で予期せぬトラブルに見舞われるかもしれません。

 

でもそんなこと、ネコには関係ありません

 

人間の感情や状況で、ネコを振り回さないでください。

 

大げさでは無く、僕はネコを娘や息子と同じくらい家族だと思っています。

 

一緒に生活するとよく分かりますが

ネコにも感情があり、僕たちと同じく「生きている」のです。

  

ネコは犬と違い、基本的に「しつけ」はできません。人間にとっては迷惑となる行動も普通にします。 

 

それでもあなたはネコを飼いますか?

 

答えがYES!なら・・・・・・・

 

 

 

飼うからには、『幸せ』にしてあげてください。

そして『最後』を看取ってあげてください。

 

ネコとの暮らしで、きっとあなたも『幸せ』な気分を十分に味わうことができるはずです。

 

 

 

少しでも誰かの心に響けばいいな!

最後まで読んでいただきありがとうございました。