ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

高校三年生の娘と大喧嘩 娘が出ていきました 【シングルファザーが女の子を育てる難しさ】

つい先日、娘と大喧嘩になりました。

喧嘩の内容は一言で表すと『常識の違い』や『高校生としてのモラルの考え方の違い』にあったのだと思います。
僕は大人であり親です。そして男です。娘は高校生3年生であり、女です。ただし娘に対して『子供』というある意味『幼さ』をどの程度加味しながら対応したらいいのか迷う年齢でもあります。
 
あえて冒頭に『男』だとか『女』だとか書きましたが、これから書き進めていく中でその違いを僕なりに表現することになります。そのようなことも含めて、読んで頂いた方の中には僕や娘に対して不快に思う部分があるかもしれないことを、先にお伝えしておきますm(_ _)m
 
 
 
 
●喧嘩の概要
大学のオープンスクールに参加していた娘。
お昼過ぎに解散となり、職場が近かった僕は娘を最寄りの駅まで送迎した。娘の友達も参加していて、駅までの車中では互いに感想を話したりしていた。その光景をバックミラー越しに微笑ましく眺めていた。
自宅まで送ろうと申し出たが、駅前で遊んでから帰るとのこと。快く了解し駅に降ろした。時刻は13時前。
僕は仕事に戻り通常勤務を終え帰宅。時刻は18時過ぎ。この時点で娘からは1度も連絡は無い。
 
食事はバラバラなので僕はいつものように晩酌をしながら娘の帰宅を待った。
20時ごろラインが鳴る。娘からであり「これから彼氏とそのお兄さんと居酒屋でご飯を食べる」との連絡が入った。帰りはお兄さんの車で送ってくれるそうだ。
20時という時間から食事をするということは、さらに帰宅が遅くなることや、彼氏のお兄さんの車で帰ってくるということに違和感を感じた僕は、正確な帰宅時間を聞いたが、明確な答えは返ってこず、23時までには帰るとのことだった。事情や状況を知りたいが文字ではめんどくさいので電話を掛けるも応答してくれない。
 
もっと早く帰れないのか?と、ここからラインの応酬が始まり、22時ごろ帰宅した娘と口論の末、娘は家を出ていった。最終的に母親の所へ向かったようだ。
ラインはブロックされ連絡が容易に取れなくなった。
※SMSや電話は繋がるが、応答は無い。母親とは連絡が取れているので、ある程度の状態は把握している。
 
 
 
 
●娘の主張
高校生の門限(補導される時間)は23時であり、その前に帰ってきたのだからいいじゃないか。
電話に応答しなかった件については、彼氏やそのお兄さんが、親から電話がきたと感じると雰囲気が悪くなる。だから出なかった。大量のラインについても迷惑だった。
そもそもお父さんは束縛しすぎ。他の高校生はもっと自由に遊んでいる。
別に悪いことをしてるんじゃないんだから、いちいち許可を取る義務はない。店に入ってからちゃんと連絡したし。
 
 
 
 
●僕の主張
遅くなるなら前もって連絡すべきだ。
高校生が保護者ではない人と居酒屋に行くというのはイメージが悪い。
電話に出れないというのはどのような状況なのか?席を立つなどして、電話対応できたはずだ。
そもそも一般的に考えて、週末といえども遊びでは20時ですら帰宅は遅いと思う。感覚が乱れていると感じる。
 
 
※そういえば昨年はこんなことがありました。
娘と喧嘩してから、他の親の意見も聞いてみたいと思い、数人に聞いてみました。この中には娘の主張に賛成の人もいました。
そのようなことも加味しながら、僕なりに今回の喧嘩について、考えをまとめてみようと思います。
 
 
 
帰宅時間について
『遅い』とは何時なのでしょう?どうやら娘の感覚としては、23時らしいです。我が家では門限は定めていません。学校行事や部活や、それこそ友達と遊ぶなど、遠い高校に通っているせいもあり、、、と書いてみましたが、たとえば『遅くとも21時でこれ以上遅くなるようなら必ず連絡する』というルールを決めればよかったです。これは反省です。
これとは別に『遅い』とは何時なのでしょうか?
高校生が遊びにでかけて、だまっていても帰宅するべき時間とは何時なのでしょうか?これを過ぎたら心配するだろうな?と本人が感じるべき時間とは?
僕はこの時、20時には帰ってくるだろうなと思っていました。根拠はありません。やはり『高校生なのだから』としか説明できません。21時では遅い。完全に僕の感覚的なものだけです。
もう1つ加えるなら『女の子なんだから』が僕の本心に近いです。男性よりは非力でまた、身体的にリスクを負いやすい性別でもあります。出来ることなら明るいうちに帰宅してほいしというのが、正直なところです。
 
 
 
連絡について
遅くなるならそのように前もって連絡してほしかったし、するべきだと思うのです。
娘はまだ未成年。親の管理義務があると思うのです。万が一、何かあったとき、どこにいたのか分かりませんでは親として失格だと考えています。
また娘も、自分で全ての責任をとれる年齢ではなく、何かあれば親である僕が同席し事後処理をすることになる。社会的責任は僕が負うことになるのです。
そういった意味でも、ある程度は親の管理下の元、行動するべき年齢だと思っています。
 
 
居酒屋での食事について
居酒屋とは『飲酒』をするために常用される場所であり、それは未成年には許されていない行為です。保護者であれは、何かを問われたとき保護者の責任の元、明確な返答をすることができます。
しかし今回の娘は、同じ年の彼氏と、年齢がそう変わらないであろうお兄さんとの3人でした。
その情景を思い描いてみると、何とも場違いな雰囲気に見えるのです。そこに同席している娘は、素行が悪いように見えます。実際は牡蠣を食べさせるために連れていってくれたらしいですが。
 
ここでやはり時間の事を追記したい。
女子高生を20時から食事に連れていくとはそのお兄さんも、どういう感覚なのか。
「今日は遅いからまた今度」とするべきではなかったのか?これは彼氏にも同じことを抱いてしまいます。
 
 
 
別に悪いことはしていない
娘はよく「悪いことはしていない」と僕に言います。だから別にいいでしょ?と。
悪いことをしないのは当たり前です。最低限の事です。一番下段です。
僕は娘に女子高生らしくしてほしい。
『女子高生らしい』とは、このことが僕と娘の隔たりの大きな部分であり、それは大人どうしでも意見や感覚に違いが出る事柄だと思います。
 
 
僕は自分のことを厳しい親だとの認識はありません。むしろ放任している部分が多いと感じています。『娘の人生なんだから』と思っている節があります。
良いこと、悪いことはずっと昔に十分に教えてきましたし、もちろん娘もどんな事をすれば法に触れるのか、しっかりと分かっています。
こんなことは人間として当たり前で、人間とは、人柄とは、性格とは、モラルとは、常識のがあるとは、これよりも上層の部分を指しますよね。
 
法に触れずとも人柄を疑われたり、非常識な行いは沢山あります。そういった認識を『一般的レベルに持ち合わせて欲しい』と僕は娘に対して思っています。
僕と娘はこの『一般的レベル』に違いがあるのです。このことを娘に話すと「みんなやっている」「いちいち親に連絡する人はいない」など、自分が付き合っている範囲での認識を示します。
僕は娘の言う『みんな』を信用していません。
現在僕が見聞きしている高校生とは違いがあるからです。
しかし娘的にはきっと偽り無く『みんなやっている』のでしょう。
そして何より今回、娘と同じ考えの大人がいることも事実として知ることがてまきました。
 
 
彼氏に対して
僕は交際を許しています。別に反対などしていません。だからこそ娘と一緒の時には、それなりの気遣いをしてほしかった。
大人がする高度なものを求めているのではありません。「遅くなると親がうるさいでしょ?そろそろ帰ろうか」とか「一応、前もって連絡だけはしたほうよくない?」だとか娘が悪く思われないような気遣いを。そういうのが優しさだと思うのです。僕のことは娘から聞いているでしょうから、ある程度は予測できることです。
 
 
 
最後に
僕と娘は、互いの『正しい』を全面に押し出して戦いました。どちらにとっても譲ることのできないものでした。
この『正しい』は、互いの人生経験からなる感覚的事柄であり、法律とは無関係の一般的常識レベルの内容でした。
ラインでのやり取りや、娘が帰宅してからの会話の中で僕が反省すべきは、頭ごなしに否定するのではなく、「今回は目をつむるが、次からはちゃんと前もって連絡してほしい」と、穏やかに伝えるべきだったということです。
また、ある方からは『もっと信用してあげてもいいのでは』とのご意見を頂戴しました。確かにその通りなのかもしれません。
 
この場に母親がいれば、もっと違った対応になっていたのは間違い無くて、片親の、しかも性別の違う僕は、女性の本質的なものを知らず、現代の女子高生がどんなことをして楽しんでいるのか分かりません。だから娘への心配は消えることがありません。
娘に対しては『高校生だから』と思う部分が大きいです。来年無事に進学してくるたならもう、ある程度は大人として扱うことができると思います。
 
まだ卒業まで数か月。高校生への娘への対応が続きます。
今回は喧嘩してしまいましたが、早く仲直りできる日がくることを祈るばかりです。
 
 
少しでも誰かの心に響けたら!!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。