ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

『マチネの終わりに』を観てきたよ

f:id:mifuketa:20191105114458j:plain

 

昔の記憶を辿ってみたら、僕は邦画を映画館で観たのは、これが初めての経験になります。

 

どうして今回、初めて邦画である『マチネの終わりに』を、わざわざ映画館に足を運んでまで観ようと思ったのか?

理由はただ一つ。オジサンとオバサンの恋物語だったから。

 

福山さんのファンの方、ごめんなさいm(__)m

石田さんのファンの方、ごめんなさいm(__)m

 

かく言う私も、立派なオジサンです。だから興味がありました。

親近感というか、身近さを感じて、没入できるかもしれないと思ったので。

より楽しめるかもしれないと思ったので。

 

 

僕は恋愛映画をほとんど観ないので、まったく参考にならないと思いますが、『邦画を映画館で観た』という、自分の初体験の記念として、感想を綴りたいと思います。

 

 

 

 

☆自分のイメージが強すぎて、役柄が入ってこなかった

福山雅治さんは、超有名人です。歌も素敵です。ドラマにも、沢山出演しています。ラジオ番組も持っています。

僕自身の勝手なイメージが出来上がっていました。

この作品の、シリアスな役柄と僕のイメージがマッチしませんでした。結果、セリフのリアリティを感じる場面が少なかった。

石田ゆり子さんも同じです。CMなどでもよくお見掛けします。

僕にとってのお二人は、明るく笑顔の素敵な方々でした。

今回の作品は、落ち着いた大人の雰囲気を味わうことが出来る物語だと思います。これに対して僕のイメージが邪魔をしていました。

このことは、二人の演技に問題があるのではなく、僕の勝手なイメージの問題です。

 

 

☆音楽と映像がともてお洒落で綺麗だった

福山さんといえばギターです。本作品では何度も、福山さんがギターを弾いているシーンが登場します。とてもナチュラルでカッコいいです。

クラッシクギターが奏でる落ち着いた雰囲気と、独特の音色が物語を引き立たせてくれます。

パリとニューヨークと東京がメイン舞台として物語が進行していきますが、そのどれもがお洒落で素敵な映像でした。僕はそう感じました。

 

 

☆僕だったら絶対に許せないだろうという役柄が登場します

物語のカギとなる役柄があります。

この物語が事実でないことを祈りたくなりました。それほど僕にとってはショッキングでした。

 

 

☆書籍を買ってみようと思った

とても繊細な物語だと感じました。

登場人物一人ひとりの個性や背景を深く知ることにより、多くの物を感じる事ができる作品だと思います。

そういった意味では、限られた時間内に納めなければならない『映画』では少し、薄さを感じてしまいました。

『物語進行の要点だけを抽出して繋げた』という違和感がぬぐい切れなかった。

きっとこの作品は、もっと深くて、人物の強い葛藤が心に染み入る作品だと思います。

だからこの作品をより深く知り、感じるために書籍を買ってみたいと思いました。

 

 

☆まとめ

これは完全に僕個人の感想ですが、ストーリーのカギとなるからくりが好きではありませんでした。このことは観る人によると思います。

 

作品全体としては、 音楽と映像と配役と演技の相乗効果で、しっとりと落ち着いた雰囲気を十分に感じ、味わえる作品でした。素敵です。大人の物語です。

総じて、映画館に行って良かったです!

 

 

 

少しでも誰かの心に響けたら!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。