ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

人生何度目かの『意図しない発言』で失ったもの

f:id:mifuketa:20190606155809j:plain

発言:意思や考えを口頭で述べる事

 

僕たちは日々、会話で発言を繰り出し、意思疎通を図りコミュニケーションをとっている。人間だから。

テレパシーとかで、相手の思考を読み解けたならいいなぁと思ったのは幼いころだけで、今では相手の腹の中を知りたいなどとは思わない。怖いもん。商談とかなら便利かもしれないけどね。

みなさんは、緊張していたり、思考がまとまっていない状態だったり、反射的に発してしまったりと、『意図しない発言』をして、失敗したことはないだろうか。僕は何度もある。その中で今でも時々思い出して、「あぁ~~」とか「ぎゃぁ~~」とか「くそぉ~~」とか叫んで、やり切れない想いを吐き出してしまう出来事がある。僕の過去最大の『意図しない発言』を紹介したい。

 

 

CMで見るような有名な会社ではなく、地域に根差した会社であり、その地域では名の知れた大きな会社というのは、どの業界にでもあるだろう。

僕たち総合建設業(元受け会社)は工事の規模によりJV(ジョイントベンチャー)という形で、企業同士が協力し一つの物件を完成させるという請負形式を取ることがあるのだが、『地域で名の知れた大きな会社』とJVで仕事をしたことがある。自分の会社など足元にも及ばない規模の会社と一緒に仕事をしたのだ。とても良い経験になった。嬉しいことに『引き抜き?』とも捉えられるお誘いも頂戴した。めっちゃ嬉しかった!!その時知り合った部長さんがいる。現場叩き上げの方であり経験豊富。そして気さくであり、偉ぶるわけでもなく、しかし論理づいた発言と威厳漂う物言いで、まさに百戦錬磨という言葉がぴったりの人物。かっこいい!!

会社の規模にぴったりな部長さんでした。偉い方なので仕事を一緒にすることはありませんが、検査などの節目の時には現場に足を運んでいただき、恐れ多くも少し会話をさせていただきました。他の会社の部長さんでしたが、尊敬し憧れてしまいました。ってかファンになったと言った方が近いかもしれません。初めてお会いした物件から年数を開けて何度かまたJVになり、その部長さんとお会いする機会がありました。

なんと!家が近いことを知ります。そしてほどなくして近くのスーパーでご婦人と買い物する姿も見る事がありました。めったに買い物には同行しないとのことだったので、スーパーで会うなんて奇跡でした。今まであったことも無かったし。会っただけで恐縮し緊張が走ります(笑)

初めてお会いしてから数年が経ち、いつしか僕はその会社からの『お誘い』を断った事を後悔するようになり、入社することを密かに考えるようになりました。ただし同じ業界の中での移動なのでデリケートな問題であり、地元ということもあり、様々な人間関係を考慮しなければならず、またお誘いを受けた時より年を取ったので、そんなに簡単な事でななかったのです。

 

 

 

忘れもしない平成29年12月。後輩と一緒に行きつけの飲み屋に行きました。仕事帰りに。扉を開けると品のあるご夫妻がカウンターに座っています。端に避ける様にして僕と後輩もカウンターの席に着きました。僕と後輩は乾杯し、1杯目2杯目とビールが進みます。この時の上司が糞みたいなやつで、100%パワハラヤロー。器から溢れんばかりのパワハラを日々受けていたのです。ICレコーダーを買って全てを録音し、訴えてやろうか、社長に申し出ようかと二人で試案していました。日々のストレスで精神的にもおかしくなっていて、『心が荒れている』状態でした。その時の思考状態です。

www.hontoje.com

 

興奮気味で後輩と話をしていた時に、何気なくふと横を見たらなんと!!あの部長さんじゃないですか!!僕はこの店の常連です。なのに一度も会ったことが無い。奥様と一緒にいらしていたのです。なぜ?なぜこんなところに?一瞬パニックになりました。そして慌てて挨拶に行きました。

 

僕「ご無沙汰しております。mifuketaです」

部長「おお!君もここに来るのか」

僕「はい!数年前から通っていて、常連みたいなものです」

部長「俺もたまに来るんだ。まぁめったに来ないけどな」

奥様「ニコリ+会釈」

僕 深々と会釈

「うわぁ~飲みずれぇ~~」

なんと僕は荒れた心と緊張のあまり、こんなことを発してしまった・・・僕の心の中は『憧れの部長さんとこんなところでお会いできて嬉しくて光栄で、しかも会社辞めたいぐらいのパワハラを受けている時に、僕の事を覚えてくれていてお話までできて、なんかご縁があるのかもって思っちゃったりして!!緊張でお酒飲んでも酔いませんよぉ』この全てが詰まった言葉が

「うわぁ~飲みずれぇ~~」でした(涙)

一瞬「?」っていう変な空気で止まって、「ゆっくり飲んで」と部長さんが言ったか言わなかったか、もう僕は覚えていません。ただ、先に帰ったお二人は僕に声は掛けずにいなくなりました。そしてその後お二人をお店で見かける事は二度とありませんでした。

 

この文章を書きながらでも冷や汗が出てきます。思い出して後悔の念に駆られます。なぜ、なぜ僕はあんな発言をしてしまったのか・・・・とても失礼な物言いをしてしまった・・・

 

うぎゃぁぁぁぁ~~~~~!!!

 

 

僕はこのブログの事を誰にも言っていませんが、何かのきっかけでこの記事が部長さんの目に留まることを祈っています。またお会いしてもこの時のことが話題になることは無いでしょうし。

 

 

さぁみなさんご一緒に!

口は災いの元!!

 

どうか皆様、ご安全にm(__)m

 

 

少しでも誰かの心に響けたら!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。