ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

今宵も蝶が舞う

「今娘と2人暮らしで節約生活してるから金銭的に余裕がない」

これが由紀子からの返信だ。

 

昔からの知り合いが離婚したと聞いた。

かろうじてグループラインが残っているだけの、ほとんどやり取りの無い友達のうちの1人だ。

また僕の仲間が増えた。

どうしているかと気になり、久しぶりにラインを送った。

話の流れで会う事になり、食事に誘った時の返信がそれだった。

もちろんご馳走するし、なんならお酒でも飲もうかと思った。

そして僕は由紀子と久しぶりにお酒を飲むことになった。バツイチ同士の語らいだ。

f:id:mifuketa:20191004193744p:plain
f:id:mifuketa:20191004193747p:plain

僕は幸運だと思う。

仕事があって収入が安定している。

子供も大きく手がかからない。1人は社会人。もう1人は高校2年生。

シングルファザーの僕は、妻がいないだけで、生活は安定しているのだ。

裕福ではないが、別に金に困ってはいない。

離婚という不幸にバンドルされて、小さな幸運がついてきた感じがする。

離婚時の環境や状況の条件が良かったのだ。

だからやっぱり僕は幸運だと思う。

 

 

由紀子は、はっきり言っていい女だ。見た目も。

繁華街への道すがら、「時計忘れちゃった」と由紀子が言った。

今時、時間なら携帯があれば知ることができる。ファッションでも気にしたのだろうか。

どうして僕なんかと、ブスの僕なんかと2人きりのお酒の席を共にしてくれるのか。

昔は会話ぐらいならしていた。それなりに。しかし友達が沢山いる場でだけの付き合いで、それ以上の関係ではない。

ラインの返信によれば、けっこう切迫した生活をしているようだし、たまには飲みに出掛けたい気分になったのだろうか。

そんな事を思いながら、普段は行かない洒落たお店で乾杯した。

「新しい人生に、乾杯」

オーダーした料理も運ばれてきて、由紀子が取り分けようと僕の目の前の皿に手を伸ばした時だった。

腕に小さな『蝶のタトゥー』が見えた。普通ならちょうど時計で隠れる位置に。

なるほどな、と思った時、少し前にあった仕事の飲み会の記憶が蘇ってきた。

 

 

 

 

 僕の離婚からほどなくして、娘の親友の家庭が崩壊した。離婚したのだ。

子供3人を抱えてシングルマザーになった母親がいる。

泥沼化した離婚。

連帯債務者になっている住宅ローン。離婚直後から、所有者のどちらもその家には住んでいない。

互いにアパートを借りて住んでる。支払いに関して、法廷で争っている。

 

狭いアパートで子供3人と暮らしているその母親は、朝が早い。

日が昇るころにはもう働いている。仕出しや弁当などの総菜を作る仕事らしい。

高校生の長女にはバイトをしてもらい、家庭にお金を入れてもらっている。

女性1人で子供3人である。子供たちの進学など、先を考えると頭が痛いだろう。1人親に対する行政のサポートがあるとはいえ、楽な道のりではない。

 

そんなシングルマザーの彼女にも彼氏ができたそうだ。

なんでも、家族全員でディズニーランドに旅行に行ってきたそうで、お金は全て彼氏が出してくれたらしい。

 

娘の親友のシングルマザーの情報は、娘からたまに聞かされる程度だ。

僕が直接そのお母さんと会う事はない。

学校で会った時には仲良く話せる間柄ではあったが、中学を卒業してからは、接点がないのだから。

 

そのはずだった。。。

f:id:mifuketa:20191004195536p:plain

 仕事の飲み会というのはまず、1次会で終わることはない。円満な飲み会であればあるほど長くなるものだ。

そして2次会以降は、お決まりのコース。

お店が変わるが、僕はその差が分からない。水割りがあり、女性がいて、カラオケが鳴っている。

はっきり言うが、酔いのまわった視界に入る飲み屋の女性はみな、どれも一緒に見える。なぜ店を替える必要があるのか、いまだに僕は分からない。

 

そんな僕の視界に、ぼやけきった視界に、笑顔で名刺を差し出す女性が映し出された。

「今宵も来てしまった3次会」と、ちょっと後悔していた僕の前に、見覚えがある顔が現れたのだ。

娘の親友のシングルマザーだった。このような場所で働いていたとは知らなかった。

この再会は、僕の娘が中学を卒業してから初だった。

 

僕の娘から聞かされる親友の家庭事情は、明るい内容が少ない。

丁度いい機会だと、周囲を適当に相手しながら、そのシングルマザーと話をしていた。

周囲はと言えば、別の女の子にちょっかいを出していたり、仕事の難しい話を、ろれつが回らない聞き取りずらい声で話していたり、かと思えばカラオケを熱唱していたりと、僕1人が関わらなくても、何の問題も無い状況だった。

 

やはり未だに泥沼から脱出できていない元旦那との関係。

住宅ローンなどの裁判の途中に、事件を起こした元旦那は、収監されてしまい、裁判が進行できない状態らしい。その間にも銀行に対する返済の問題が継続される。

ムカムカするのがお酒のせいなのか、泥沼話のせいなのか、分からなくなった。

暗い話題を切り上げようと、「彼氏ができて良かったじゃない!」と話を180度変える作戦に出た。

彼女は、氷だけになった僕のグラスを取り、水割りを作ってくれた。

いつ入れたものだろう。彼女の左手の指には、鮮やかな『蝶のタトゥー』が1つ入っている。

水割りを作る、その時の彼女の横顔を僕は覚えている。気丈な笑顔の彼女を。

「生きていくためだから」

確かに彼女はそう言った。

 

その時の僕は、何のことか、何の意味なのか分からなかった。

その後また、娘が聞いてもいない情報を教えてくれた。

親友のシングルマザーの彼氏は、彼女に似つかわしくない年齢と容姿で、子供たちには微妙な空気が流れているそうだ。

 

『生きていくためだから』

あのスナックで、シングルマザーの彼女が僕に言った言葉の意味を考えるのが怖くなった。



そして今、僕の目の前には由紀子がいる。

 

 

少しでも誰かの心に響けたら!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。