ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

飲みに行くたびに傘のグレードが下がる件

雨の日の外出時に使用するもの。それは『傘』が一般的だと思います。その他には『レインコート』でしょうか。いわゆる『雨カッパ』ですよね。

カッパは普通は使いません。お出かけの時は。そうでしょ?お出かけしてどうしても外を歩かなければならないとき、人は傘を使う。

雨の日に『傘』は必需品なわけです。

 

 

僕はけっこう飲み会が多いです。車で行って駐車場に停めて、そこからお店まで歩きます。雨の日には傘をさして歩いて行きます。飲み会に傘を持っていくと、不思議な事がおきる。『傘のグレードが下がる』のです。

買ったばかりの新品が、古いものになって返ってきたり。

丈夫な傘が、貧弱なものになって返ってきたり。

より雨を避けようと大きいサイズの傘だったのが、短く小さなものになって返ってきたり。

このままではそのうち、東京ヤクルトスワローズの応援の時に使用する実用性のないミニ傘になってしまうのではと、飲み会のたびに不安になります。

おい!人の傘を勝手にもっていくやつ!いい加減にしろ!!

 

f:id:mifuketa:20200112094339j:plain

 

●傘のグレードが下がる理由 その1『間違って持っていく』

自分の持参した傘を他の人が持って行ってしまう。お店側も傘までは管理してくれません。稀に鍵付きの傘立てがあるので、それだと盗まれることはありませんが、そこまでの設備があるお店って少ないです。

 

まず、傘が入れ変わる最大の理由。それは『コンビニ傘』の使用率が高すぎるからです。みんな透明のビニール傘です。これは僕の勝手な推測ですが、飲み会だからこそビニール傘を持っていくのではないでしょうか。自分が忘れてくる可能性があるからです。だから無くしてもいいように安いビニール傘を飲み会の時に持参するんです。

 

傘立てにある傘のほとんどは透明なビニール傘。酔って気持ちが良くなっているときには故意でなないにしろ、目の前にある透明な傘を吟味もせずにただ手に取って持って行ってしまう。酔った目にはどれも同じに見えるから。

 

 

 

●傘のグレードが下がる理由 その2『違い(価値)が分からない』

コンビニ傘(ビニール傘)にも種類があります。長さや品質。最近では耐風の強度の強いものまであるのです。お値段だって違います。傘立てに収納されていると、見た目はそんなに変わらないかもしれない。しかし実際は一本いっぽん違うのです。

 

お店を出る時に、吟味もせず安易に目についた透明傘を持って出てしまう人は、コンビニ傘をなめています。だから『どれも一緒だろ』と、簡単に他人の傘を持って行ってしまうのです。いやいや、そうじゃないから!僕のやつはお高いやつだから!!

 

 

 

●傘のグレードが下がる理由 その3『確信犯』

雨の日にお店に来る人って、そもそも本当に傘を持ってきているのでしょうか?

たとえば車で店の前まで送ってもらった場合、車の中に忘れたりして来店時に手ぶらで来ている人いるパターンってあるのでは?もしくは、はなっから『お店で調達すればいい』と、持ってくることさえ頭にない輩がいるのでは?

これ、お店の人に問いたい。来店時に手ぶらで来ている人いるでしょ?「今日はお車ですか?」と飲酒運の注意喚起だけじゃなく、「傘をお貸しすることはできません」や「貸出できる傘には限りがございます」など、雨の日に傘を持ってきていない人には、そのような注意もしていただきたい!僕のような健全な『雨の日でも飲み会を辞さない男』にとって傘とは最大で最強のパートナーなのですから。

 

 

●まとめ

さてどうでしたか。心当たりのある方、いらっしゃいましたか?

女性と二人きりで飲みに行った場合、片方の傘が無くなったら相合傘のチャンスなので許します。それ以外では僕は許しませんよ!!

 

僕ね、今度は発見したら注意します。手ぶらで来た人を発見したら。

雨の日の手ぶらにも許されるものと、そうでないものがあります。人に迷惑がかかるものとそうでないものが。分かりますよね?

『手ぶら』と『手ブラ』は全く違うのです!!

 

 

少しでも誰かの心に響けたら!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。