ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

平日なのに、朝まで飲み明かした日の事

娘が産まれてもう17年になる。

2410gの小さな赤ちゃんだった。

 

小さくて、まるで小鳥のようで。

ちょっと気になっていた両方の足の形は『内反足』という先天性の障害だった。

 

1歳を過ぎて手術をしたけど「歩けないかもしれません」という医者の言葉に絶句した。

 

ギブスをして1年。装具を付けて数年。

保育園の運動会で、かけっこしてる姿を見て、人目もはばからず泣いたのが、昨日のようだ。

年長さんになると「走るのが遅くて恥ずかしい」だなんて言ったけど、君は奇跡なんだよ。

 

小学生のころには、毎日重いランドセルを背負って歩いて登校したね。

他の人より足が細いと気になりだした中学校では念願の部活動。

障害のせいで筋力が弱くて、どうしても1歩目のパワーが弱い。

それを分かっていて、テニスを頑張り通した3年間。

「足の事なんて気にならない」「試合に出てみたい」

負けん気の強さは、お母さん譲りかな。

最後の大会も1回戦で負けてしまったけど、やっぱり奇跡なんだよ。

悔しくて泣いてる君が誇らしかった。

 

 

中学を卒業し2年が経った。もう高校2年生。

彼氏が出来たんだって?

言われる前から気づいてたけどね。

この間まで、僕にべったりだったくせに。

最近まで、どこにでも後をついてきて一緒に出掛けてたくせに。

f:id:mifuketa:20191014165032j:plain

そんな君が自分の部屋から居間に降りてこなくなって、楽しそうに誰かと携帯で話しているんだもの。

気づかないはずないじゃない。

 

 

 

多感な時期に、お母さんと離れて暮らすことになったのは、本当に申し訳ないと思ってる。

そして、お母さんを責めるようなことはしなくていい。

いずれ理解できる時が来るから。

 

 

この間、僕は平日なのに朝まで飲んで帰ってきた。

君が身支度をしている、早朝に帰ってきた。

そして君は言ったよね。僕にとって奇跡の君が。

「今、帰ってきたの?」

「会社はどうするの?」

「馬鹿じゃないの」

 

 

大丈夫。君もしっかり大人になりつつある。

僕を、お父さんを、しっかり叱ってくれるのだから。

 

信頼してるよ、君の事は。立派な女性になるってね。

 

 だから君に1つお願いがある。

 

 

 

頼むからインスタに彼氏とのキス動画を上げるのは止めてくれ!!

 

 

 

少しでも、誰かの心に響けたら!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。