ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

アラフォー独身に結婚は必要か?  Will you marry me?

『結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私はあなたと結婚します』

Byゼクシィ

 

7月13日に3回目の離婚記念日を迎えました。そろそろ寝室に一人で寝るのも違和感が無くなってきました。孤独死に向かい爆走中です。しかし、不思議なことに、この現状にまったく不安も不満も無い自分がいる。『結婚=幸せ』とは限らない現代の世。

僕の周囲にも沢山いる独身男女。皆、不自由なく生きてます。

そもそも結婚って何なんすかね?

f:id:mifuketa:20190724220046j:plain

 ●結婚と独身

結婚は、好きな人と人生の契りを交わし、一緒に生活して家事して、お金の問題があったり、子育てしたり、喧嘩してしたり、仲直りしたり。いろんな事が起こって、泣いて笑ってとか、もうそんな当たり前の事は省略します。メリット、デメリットは人それぞれの考えがありますしね。

独身はまさにこれ!!『自由』と『無責任』これ以上でもこれ以下でもありません。何をやっても自由だし、誰の責任も負うことは無い。自分だけを管理していればいいのです。総じて『楽』なわけですよ。だから抜け出せない人がいる。『独身をこじらす』とは『楽』して生きている事を、人間的な成長をしないで生きていると捉えられ、『未熟』と揶揄する意味で用いられるのかもしれません。一昔前は、結婚していることが昇進条件の一つだったりしましたから。今では差別以外の何物でもありませんが。

 

 

●結婚は必要か?

『必要か?』と問われると、答えはNOです。別に結婚しなくても死ぬわけじゃない。『自由』という衣をまとって、世界を闊歩すればいいんです。不意に訪れる孤独感や寂しさは、酒ででも流してしまえばいい。え?彼女がいれば大丈夫って?それでもいいでしょう。しかしはっきりとお伝えしたい。婚姻届けを提出し家族になる儀式を行っていない関係は、『逃げ』以外の何物でもない。一生一緒にいるつもりなら、とっとと結婚すればいい。税法などで、いろいろ優遇される部分もあるわけだし。でもそうしないってことは、面倒な事を避けたい気持ちの表れで、彼女とセットで付いてくる『責任』や『新な問題』を背負いたくないのです。もっと突っ込んだ言い方をすれば、『いつでも別れられる』という『逃げ』の権利も失いたくない。今の僕は良く理解できます。少なからず、心の中にある気持ちですから。ある程度の『自由』を担保しながらも、パートナーは欲しいということですよね。

 

 

 

●結婚とは何か?

前述した通り僕は結婚していた。以前は人生のパートナーがいたわけです。離婚した現在の方が自由で楽だし、生きやすい。これは間違いのない事実として認めます。個人の自由や経済合理性で結婚を捉えるなら、メリットは少ない。そして現在の世の中は結婚をそのような捉え方で考えている人が多いのも事実。未婚率の増加は、個人主義を重んじる人が増えた事の証明のようなものだと思います。だから『経済合理性』や『個人の自由』を優先的に考える人は、結婚しないほうがいい。結婚とはその逆をいく行為ですから。

 

結婚とは、『人生のパートナーを得ること』。本当にこれだけの行為だと強く思うようになりました。その他のことは『おまけ』だったり『人生のスパイス』だったりじゃないでしょうか。お金も子供も副産物。基本的に結婚以降のことですし、得る事が出来ない可能性もあるしね。

 

パートナーを得る。人生を共に歩む人を得る。それは『共感』という言葉に集約される。『共に』『感じる』のです。美味しいものを食べたり、テレビを見て笑ったり、雨に濡れてみたり、セミがうるさかったり、染まった葉っぱの色が綺麗だったり、雪が冷たかったり。初めての体験や目の前に広がる景色。今を生きる世界を共に感じる。

感じたその先の意見の違いはどうでもいい。今この瞬間を、世界を人生を、傍らで共に感じている人がいる。それは自分の大好きな人。これってね、自分に温かさや強さや希望をもたらしてくれる。

結婚している人は、当たり前すぎて理解できないかもしれない。ずっと独身だったひとは、未経験で理解できないかもしれない。

でも今の僕は分かる。身に染みて感じてる。何をやっても一人。どこに行っても一人。何を食べても一人。人生全てが自分だけで完結してしまう。味気ないのです。孤独や寂しさという言葉だけでは、どうにも表しようの無い物足りなさ。

好きな人というのは、安心していつでも自分の感情を預けられる人のこと。その人と『共感』することで確かめたいんだと思う。自分がちゃんと生きてるってことを。「僕、こんなこと感じてます」て好きな人に伝えることで。何かを感じてることこそが、生きてる証だから。そして相手の気持ちを受け止める事でも確かめたい。僕の好きな人も、ちゃんと生きてるって。

 

独身を貫くことを選択するのもいいでしょう。『自由』を謳歌し納得して死ねるのなら。でもね、一度味わったら二度と忘れる事はできません。結婚しパートナーを得る事の素晴しさを。強い覚悟と責任を抱ける異性に出会えた奇跡を。そのことで強くなれる自分を。

 

 

もし僕にまた奇跡のような事が起きたなら、人生に彩をそえてくれる、そんな女性に出会えたなら、その時はしっかり伝えよと思う。

 

Will you marry me?

 

 

少しでも誰かの心に響けたら!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。