ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

住宅の外壁シーリング 打替え時期の見極めとその必要性 ひび割れしても大丈夫?

外壁は住宅を外部の厳しい環境から守る大切な物。

外壁には様々な物がありますが、サイディングを使用し、ジョイントをシーリングで止水処理している住宅が多いのではないでしょうか。

 

劣化して打替えを検討するにも、費用の問題があります。

簡単に打替えといっても、そんなに安い工事ではありません。節約の観点からも、シーリングの打替えのタイミンやその必要性について解説していきます。

意外な結論になるかもしれないので、興味のある方は最後まで読んでみてください。

 

f:id:mifuketa:20190428085915j:plain

 

このシーリングなる物。外壁材と外壁材の張り合わせ(ジョイント)の隙間を埋めるために打ち込みます。雨の侵入を防ぐ役割を果たすのです。

 

打ち込む時には粘つくぐらい柔らかいのですが、固まるとゴムのようになります。年数がたつにつれ、成分が変化し、写真のように割れが目立つようになります。

 

さて、このような状態になったとき、どうすればいいのでしょう。

 

シーリングの役割

シーリングとは、外壁材と外壁材の張り合わせ小口の隙間を埋め、内部への雨水の侵入を防ぐ役割の他に、外壁「小口」の保護も目的としています。

「小口」とは、外壁材の端、若しくは切断面を表します。外壁材表面と違い、「小口」仕上げ加工が施されておらず、地肌が露出した状態なのです。シーリングはその「小口保護」の役割も果たすのです。

 

f:id:mifuketa:20190428095214j:plain


シーリングの劣化

シーリングは劣化します。紫外線などの影響により、ゴム成分が変化し固くなっていきます。固くなってきたところに、地震などの動きが加わると、断裂してひび割れなどが起こるのです。一般的に5年から10年ぐらいの間隔で打替えを勧められるはずです。

 

 

シーリング打替えの施工

住宅の形状にもよりますが、梯子などでやってもらえると、足場代がかからず、費用を抑えられます。

現状のシーリングを全て除去し、新しいシーリング材を充填します。それで終わりです。

具体的な金額の明示は避けますが、1mあたりの単価が提示され、あとはその住宅のシーリングの長さを計測し、最終金額が決まります。大きい家ほど金額が多くなります。

施工にあたっては、職人さんの技量というよりは、丁寧さが重要です。所定の手順をしっかりと守り、シーリングを充填することが大事です。

具体的には、①確実に既存シーリングを除去する事(小口も含め)②バックアップをちゃんと詰める事③プライマー(付着を助ける薬)をちゃんと塗る事。④隙間なく新しいシーリング材を充填する事。

YouTubeに施工方法がアップされているので、検索してみてください。はっきりいって自分でもできます。練習が必要ですが。

 

 

シーリング打替え時期と必要性

打替え時期ですが、理想は、ひび割れが発生する前がいいのです。外壁材保護の観点からいって、ひび割れから水が浸入し、外壁材に浸透されるのを避けたいのです。

ひび割れ発生前のシーリング材を指で押して、カチンコチンに硬かったら、それが理想的なうち替えの時期ギリギリです。これはあくまでも理想論。

ご自宅の外壁メンテナンスを、塗装工事でお考えの方は、やはり理想に近いペースでシーリング打替えをご検討ください。

下に外壁に対する考え方を解説した記事を貼っておきます。大変ご好評を得ています。

www.hontoje.com小まめなシーリング打替えをしているなら、塗装工事の時に打替える必要が無く、費用を省くことができます。

 

 

シーリングのひび割れが酷くなり、雨水の侵入が見受けられた場合、早急な手当てが必要なのか?と心配になります。しかし実はそんなことはありません。先に貼った外壁断面の図を参考にしてください。シーリングの後ろにはジョイナーという部材が入っており、侵入した水は、ジョイナーにぶつかり下に流れます。ジョイナーの後ろには、透湿防水シートがあり、それが最終砦となって、建物内部への水の侵入を阻止してくれます。ただし!外壁材は痛みます。「小口」から水が浸透するので。

 

実は一番最初の外壁とシーリングの亀裂写真は、僕の家です。築15年が経過しています。僕は外壁を張替すると決めているので、見栄えは悪いですが、ギリギリまで放置しています。外壁材自体の劣化を気にしていません。繰り返しますが「見栄え」は悪いです。近所の方には恥ずかしいです(汗)

2年後の令和2年には張替工事をする予定です。

 

まとめ

持ち家は何かとお金がかかります。しかも少なくても数十万単位の出費になります。いかに賢くメンテナンスを行うか、迷うところです。ご予算があるのなら、小まめなメンテナンスを行ってあげたほうが、間違いありません。車と同じですよね。

メンテナンスを怠った時、何が一番怖いのか?それは、構造体(柱や梁)を腐らせてしまう事。構造体を工事するような事になると、かなりのお金がかかるのです。そうならないように、外壁や屋根のメンテナンスは重要です。

 

ご自宅を上手に長持ちさせるために、参考にして頂ければ幸いです。

 

 

少しでも誰かの心に響けたら!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。