ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

ふるさと納税ってなに? 仕組みと解説

ニュースとかでよく聞く『ふるさと納税』ってどんな仕組みなんだろう?ってずっと興味がありました。お得なシステムらしいってことは、なんとなく知っていたのですが、実際に調べたり行動に移したことはありません。

今更ながらに調べてみました。お得なことがおおくてまぁビックリ!「そんなことも知らなかったのか!!」って笑われそうですが、興味のある方はこの記事を参考にしてください。

f:id:mifuketa:20190705105234j:plain

ふるさと納税とは?

ご存じの方も多いと思いますが、自分な好きな自治体に寄付をすることです。旅行でいって好きになった!とかでもいいでしょうし、有名な観光名所があるから保護してほしい!とかでもいいでしょうし、そんな思いのある自治体に自分のお金を使ってもらおうという仕組みです。自分のお金を直接寄付する訳ですから、『応援』してる感をリアルに感じることができて満足感を得られるかもしれません。

そして凄いのが、寄付した地域の特産品や名産品を『お礼』として頂けるのです!お金を寄付してお礼をもらう。ってかお礼の品を買っているみたいな感じもします。商品をただ購入してるみたいな。でも違うんです!寄付した金額は税金から控除・還付される!もしかしたら、寄付金以上に『得をする』かもしれませんよね?

 

 

控除・還付とは

所得に対して税金が発生します。所得が高ければ高いほど、沢山の税金を支払う義務が発生します。『控除』というのは、所得を低く見積もってくれる仕組みです。

100万円の所得があった場合、何もしないと100万円全てに税金が発生しますが、控除金額が10万円だった場合は100万ー10万=90万となり、90万円にしか税金が発生しないわけです。

※控除には様々な種類があり、自然と色々なものが控除されています(申請が必要なものもありますが)

 

つづいて『還付』ですが、年末調整や確定申告は誰でも行っていると思います。(会社員や個人事業主など)一年間の所得を確定し申請する行為です。税金を計算するために行います。そうるすと払いすぎた分の税金は返してくれます。払いすぎた税金を返してくれることを『還付』といいます。

日邦薬品 オドレミン 25ml×2個セット

日邦薬品 オドレミン 25ml×2個セット

 

 ふるさと納税のメリット

お礼がもらえます!魚介類や肉や野菜。パンの果てからフルーツ。お酒、麺、調味料。旅行券から日用雑貨。スキンケア商品からシャンプーやアロマまで、まあ様々なものが揃っています。びっくりです!!

 

還付や控除が受けられる!(※2000円を超える部分)寄付した金額がその年の所得税から『還付』されるそうです!還付ですよ!お金が返ってくるんです!!寄付金額の全額ではないようですが、それにしたって、お礼の品をいただいているのですから、還付される金額とお礼の品を考えると超お買い得にお礼の品を購入したことになります。なんとさらに、翌年度の住民税が『控除』されます。これ、寄付した金額によってはかなり所得から引かれる(控除される)わけですよね?お金の面だけでもメリットだらけのような気がするのは僕だけでしょうか????

 

好きな地域(自治体)を選べる!どうやら日本全国の全ての自治体で行っているシステムではなさそう。ふるさと納税を実施している自治体は限られているようです。さて、どうやって選びましょうか?地元を離れている人は、お世話になった自分の地元にでもいいでしょう。お礼の品から選ぶことだってできます。そしてびっくりしたのが、『寄付の用途』から選べるってこと!!ざっくりですが、『教育』『医療・福祉』『子育て』『産業振興』『スポーツ・文化』『観光』『防災』『復興』など様々なジャンルがあるようです。応援したい気持ちを反映させることができます。自分の好きな理由で、好きな目的で寄付したい自治体を選べるわけです。なんか凄いなぁって思いました。政治の作ったシステムでしょうけで、なんか凄く良いシステムだと感じました。

 

そして最後にこの寄付ですが、複数地域に寄付することができます。

その分、お礼の品も増えるということです。

 

f:id:mifuketa:20190705105317j:plain

お礼の品(返礼品)の受け取り方

納付金額により、ポイントが発行されるようです。そのポイントと交換可能な返礼品を選びます。ポイントは貯めることもできるので、一度の寄付じゃなくても、懐に余裕があるときに複数回寄付して、ポイントを貯めて、お高い返礼品を狙うこともできるようです。ただし、すべての対象自治体でポイント制を導入しているわけではなさそうですので、注意が必要!

 

 

ふるさと納税の流れ

●納付方法

 ではどうやって寄付をするのでしょうか。まず一つ目に、『ふるさと納税専用のサイト』がいくつかあるようです。偽サイトもあるみたいですので注意してください!!とりあえず総務省のふるさと納税サイトを載せておきます。

www.soumu.go.jp

サイトを利用すると、クレジットカードや電子マネーで納付可能の様です。自宅などの居ながらにして手続きが完了しますので便利そうですね!

 

次に銀行窓口などによる手続です。まず寄付したい自治体から『申請書』を入手します。自治体窓口にもあるでしょうし、ネットからダウンロードもできます。記入し郵送やFAXで提出します。数日で『納付書』が郵送されてくるので、銀行や郵便局などで納付します。

 

 ●納付後

ふるさと納税サイトで行った場合には、そのサイトから返礼品を選んで申し込むことができます。

銀行などの窓口納付をした人は、郵送でハガキとカタログなどが送られてきますので、それを返信する形になります。

 

●寄付金受領証明書

入金手続き3週間から4週間後に、『寄付金受領証明書』が郵送されてきます。この証明書を年末調整や確定申告の時に使用し、『控除』や『還付』を受けるわけです。

 

まとめ

ざっくりですが、ふるさと納税の仕組みについて勉強してみました。なんだかお得感が半端ない気がします。あれだけ世間で騒がれるだけのことはありますね!

控除や還付は、所得に応じて上限があるようですし、『ワンストップ特例制度』で確定申告をしなくても控除や還付を受けられる仕組みもあるようです。なんだかいたせりつくせりなシステムです。少子高齢化により、各自治体とも資金面で苦しいのでしょう。ふるさと納税システムは、自治体が独自に資金を集める手段です。自治体が自力で生きていくための仕組み。個人でいうところの『クラウドファンディング』というかんじでしょうか。首都圏などに人口が密集しがちな現在の世の中です。そんな場所は当然税金も沢山あつまり、行政サービスなど様々な公共サービスが充実させやすい事でしょう。その反面、人口減少に歯止めのかからない地方都市は真逆です。

ふるさと納税システムを有効に利用し、地元の応援がてら、返礼品や税金面で優遇されるのもいいのではないでしょうか!僕も懐に余裕があるときに、寄付してみたいと思います!!

 

 

少しでも誰かの心に響けたら!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!