ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

ブログを言い訳にして生きてる

久しぶりにブログモードになったので、今日の記事に関連した続きを書いてみようと思う。

連続投稿にならないように、気を付けようと思うが、書き終わりに投稿してしまったら、読者の方には申し訳ないと、先に謝っておきたい。

 

www.hontoje.com

 

さて、いきなりですが、『性の賞味期限』って考えた事はあるだろうか。

そんな言葉があるのかも知らないけど、最近の僕はよく考えるようになった。

 

マラソンを始めて11年目になる。

毎年同じようにトレーニングしてるのに、確実にタイムが落ちて、体に痛みも出てきて。

「歳とったな」っていう嫌な実感が沸々と感じられる。

 

人間は、ある年齢まではプラスの方向に成長していくけど、それを過ぎるとマイナスの方に退化していくって実感、体に関しては間違いない事実として僕は認識している。

心は成熟していくのかもしれないけどね。

 

こんな感じで確実に『おじさん』に向かってまっしぐらに進んでいる。

 

現状の僕は42歳で、若者から見れば正真正銘の『おじさん』なのかもしれない。

しかし実感としては、そうは思っていない自分がいる。

『おじさんですよ』と言われたら、否定する気はないけどね。

でもね、同年代の女性を見渡せば、『おばさん』に見える人の方が少ない。

歳相応に綺麗であり、華がある。

 

離婚して4年目になる僕は、気づけば40歳を超えていて、いまだに彼女すらいない。

このまま行けば『独身王国の王様』になれること間違いなし。

私生活の全ての行動が、自分一人で完結し、ストレスフリーの人生が待っている。

そう思った時、「このままじゃつまらない」「最後に一矢報いたい」ってなことを思うようになった。

そしたら『性の賞味期限』問題が浮上してきたのだ。

僕は確実に劣化していく。パートナーを求めることができる期限が迫っている。

男の僕が男でいられるうちに、もう一度『彼女』という存在を得てみたいと思うようになった。

 

 

離婚した当初は、落ち込んではいたが、逆に変なテンションにもなっていて、「これから人生をたのしもう!」って、無理に自分に言い聞かせていた部分もあった。

 

たとえば『そら(仮名)』。

離婚したての時にBarからの帰り際に声を掛けられた。

いつもの僕なら、今までの僕なら、「怖い」とか「気持ち悪い」とか思って、無視して帰るところだ。

だって女性から声を掛けるって異例でしょ。

まして僕みたいなブサメンに。

遊び人の僕の知り合い(男性)は、若かりし頃、アソコがカリフラワーになって病院に行った。

性病だよね。

そんな話なら山ほど聞いた。

だから怖いって思う感覚は普通でしょ。

でもね、離婚したての僕は違った。違っていた。

不純な動機抜きにして、人生を試したかった。生きてたら何かいい事あるのかな?って。何か楽しい事あるのかな?って。

 

www.hontoje.com

 今日の記事のブクマに、大好きな読者の方から【僕らは多少なりとも病んでいる。ってフレーズ、とても素敵だった。】っていうコメントを頂いた。

でも、これって真実だと思う。

僕らは少なからず病んでいる。

 

たとえば最近の僕に起きた出来事。

元妻のおばあちゃんが亡くなった。

でも僕はその葬儀に出席することが出来なかった。

最後に顔を見る事さえ出来なかった。

とても良くしてくれたおばあちゃんだったのに。

ここでは書けない事情ってものがあってね。

 

こんな小さな傷が、生きているとどんどん増えてくる。

心の傷って、いたるところに、いたる角度で付く。

時には傷の上に、また傷が付いて、深くなったりして。

元妻のおばあちゃんの葬儀がいい例。

離婚の上にまた傷が付いた。また深くなった。

 

こうやって人は病んでいく。

生きるって無傷ではいられない事だから。

 

 

 僕がブログを始めようと思ったのには、色んな理由があったのだけど、『何かを変えたい』っていう想いが強かった。

自分の人生の何かを変えたい。

発信できることなんて何も持っていないかもしれないけど、それでも、普段とは違う世間と関わってみたい。コミットしてみたいって思って始めることにした。

 

ブログを始めたころは、その時思った事や、過去の出来事なんかをネタにして、投稿する日々だったけど、200記事を目前にして、そろそろ苦しくなってきた。

そこにつけて仕事も忙しくなり、正常なマインドセットである『仕事モード』に切り替わってきた。

また、単調な日々の繰り返しになってしまうのかと、不安に思った。

 

だから僕は、始めることにしたんだ。後悔の無い人生にするために。

限られた時間を有効に使うために。

それは、多くの人と関わること。仕事以外の関りを大事にすること。

 

 

少し前から僕は行動を始めた。

生きるって、何かを変えるって、行動するしかないから。

 

でもね、それには勇気がいる。

その勇気の源がブログ。

「ネタになる」って、言い聞かせて、ある意味、自分を誤魔化して動いてる。

 

 

幸いなことに僕は一度結婚している。

子供もいる。

喉から手が出るほど彼女が欲しい訳じゃない。

むしろ女性が怖い。また裏切られるんじゃないかって。

 

もっと正確に言うなら、行動の目的は女性だけじゃない。

多くの人と関わりたい。その人の人生に触れたい。

 

傷を隠しながら、僕に笑顔で接してくれている、そんな人間臭さが好きだから。

 

 だから、これからも僕は行動する。人間の温かみを求めて行動を続ける。

勇気を振り絞ってね。

 

 

 

僕は、ブログを言い訳にして生きてる。

ブログを勇気に変えて生きてる。

 

 

少しでも誰かの心に響けたら!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。