ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

秋の夜長がやってくる JAZZはいかがですか?

ちょっと話題には早い気がしますが、今回は短く『JAZZ』のお勧めです。

 

気づけばもう8月最終日。

全国的に有名な『大曲の花火』や『角館の山ぶつけ』などのイベントが行われるここ秋田。

夏の終わりを寂しく感じるとともに、これからやってくる秋が楽しみでもあります。

秋田と言えば「食欲の秋」でもありますが、鈴虫の鳴き声と過ごしやすい外の気温とを味わいながら、夜空を見上げ、星空を見上げて物思いにふけるなって、そんな情緒ある過ごし方なんかもいいのではないでしょうか。

f:id:mifuketa:20190831090139j:plain

これからは、どんどん日没が早くなり、綺麗な夕焼けだなと思っていると、あっという間に月が昇る。そんな時間がちょっとだけ物悲しくて。切なさを運んできます。

何に対してなのか分かりませんが(笑)

 

夏のようなテンションアゲアゲの雰囲気から、しっとりと落ち着いた、冬支度の前の安らぎをくれる。そんな季節が『秋』なのではないでしょうか。

 

そんな『秋』にぴったりな音楽の一つが『JAZZ』。

 

僕は別にJAZZに詳しくありません。もっというならば、自分の好きなものにさえ詳しくありません。『好きなものは好き』。それ以上の理由を必要としないからです。

 

JAZZは、生活のさまざまな場面で、世界を時間を空気を変えてくれる。

お勧めなのは肉声(歌声)の入っていない曲です。

肉声(歌声)の入っているものも素敵ですが、どうしても有機色が強く感じられてしまう。メッセージを強く感じてしまう。

生活のBGMとして、自分の心を乱さず、後ろで優しく支えてくれるような曲をお勧めしたい。

風や木々の擦れる音。雨が世界を叩く音。外から聞こえてくる、車の走行音なんかでもいいかもしれません。生活を人生を囲んでいる『自然』。その自然と僕たちの間にJAZZを走らせてみてください。楽器のみが作り出す音の世界が、僕たちの過ごす空間にぴったりとマッチしてくれるはずです。

普通の生活の後ろに、読書のお供に、景色を楽しむ散歩と一緒に。

 

人により好みは様々でしょうが、僕は『スタンダードJAZZ』という、昔の曲が好きです。一例としてYouTubeを貼ってみました↓

www.youtube.com

こんな曲調で、スタンダードJAZZに興味を持っていただけたなら、お勧めの本があります。

 

人生が変わる55のジャズ名盤入門 (竹書房新書)

人生が変わる55のジャズ名盤入門 (竹書房新書)

 

 僕も持っているこの本。スタンダードJAZZをメインに55枚のCDを紹介しています。

先に述べたように、僕は別にJAZZに詳しくありません。だたしお気に入りのCDを集めたい。もっとJAZZを聞きたい。知りたい。だから僕はこの本に紹介されているCDを買うようにしています。

現在は11枚のCDを購入しました。

 

スタンダードJAZZは素敵です。それだけじゃなく、もう一つお勧めの理由があります。『お得』なのです。昔の曲なので安いのです。

 

秋の夜長に、JAZZはいかがでしょうか?

きっとあなたの生活に、ちょっとしたアクセントを添えてくれるはずです!!

 

 

 

 

少しでも誰かの心に響けたら!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。