ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

恋愛・結婚・離婚

アラフォー毒男の事実婚に対す憧れ 

最近『事実婚』という言葉を知りました。 意味が分からなかったのでググってみたら・・・『内縁』と同意だそうです。 要するに、婚姻届けを提出していないが、生計を一つにして生活していたらそれは『事実婚』となる。 僕はバツイチです。結婚生活を18年営ん…

青空の下に凛々しく今日も

「おはようございます」 木元(仮名)さんは今日も変わらずしっかり挨拶してくれた。 僕と木元さんとの関係はちょっと複雑で。だから僕は木元さんのことをほとんど知らない。 僕の仕事は建築の現場監督。現在、地元ではちょっと話題の建物の管理をしている。…

心無い人の心

どんよりした空を眺めていた。 薄いグレーの雲が空一面を覆っている。 今朝がたすれ違った隣の家の旦那さん。なぜあんな顔で僕を見つめていたのか。 あれは見つめていたのだろうか。それとも睨んでいたのだろうか。 運転中のフロントガラスの外はもうすでに…

墓場まで持っていく話を聞いたら吐き気がした  あとがき

このたびは 『墓場まで持っていく話を聞いたら吐き気がした』を読んで頂きありがとうございました。 身ばれ対策として、少し背景を変えて書きましたが、物語の内容は全て事実に基づいております。 第6話に貼り付けたmixiのメッセージ写真ですが、「衝撃過ぎ…

墓場まで持っていく話を聞いたら吐き気がした【夫編】 第六話

ここまで淡々と書いてきた。少しでも早苗と健吾の関係性を伝えたくて。 全てはこの画像の為である。この画像を見て頂きたかった。 人間とは、女性とは本当に怖い生き物である。 不快な思いをされる方もいらっしゃるかもしれない。しかしこれが現実なのだ。 …

墓場まで持っていく話を聞いたら吐き気がした【夫編】 第五話

「そもそも俺たちは、ずっと前から破綻していたんだ」 「結婚なんて出来る関係じゃなかった・・・」 僕の顔を見ていた健吾は再び目線をテーブルに落とした。 僕の後ろに座っている隣の席の客の笑い声が下品で僕は健吾から目線を外し、少し振り返った。小さく…

墓場まで持っていく話を聞いたら吐き気がした【夫編】 第四話

「お前、、、何やってんの」 僕は座りながら健吾にそう言った。 チラッと僕の目を見た健吾はすぐに視線を外し、テーブルの真ん中あたりを真顔で見つめている。 早苗と会った時から日を置かずに健吾に連絡した僕はその週末、家の近くの焼き鳥屋で健吾と会っ…

墓場まで持っていく話を聞いたら吐き気がした【妻編】 第三話

正確には『まだ』と付いていたはずだ。 『まだ健吾のことが好きなの』 僕には完全に夫婦関係が破綻しているように思える内容だった。しかしまだ早苗の中には健吾に対する想いが残っているという。 ※この話の続き www.hontoje.com 「は?」 思わず僕はそう発…

墓場まで持っていく話を聞いたら吐き気がした【妻編】 第二話

徐々に話し始めた早苗。 穏やかだった口調も時間と共に崩れ始め、ときおり憎しみを込め、時には悲しさを含み、自分の身に起きた出来事を語り、被害者であることを訴え続けた。 ※この話の続き www.hontoje.com 「健吾ね、不倫してたんです。知ってた?」 早苗…

墓場まで持っていく話を聞いたら吐き気がした【妻編】 第一話

僕はきっと稀な体験をした。 夫婦二人のどちらもからも同じ内容の話を聞いたのだから。 妻、早苗(仮名)。夫、健吾(仮名)。どちらも僕の友達だ。 僕に持ち掛けられた『相談』はやはり離婚についてだったし、経験者の僕はきっと二人にとって、各々にとって…

突然の出会いによる恋愛は『美男美女』しか成立しないという不文律を壊そうと試みた結果

業務をするうえで僕の長所であり短所である部分が頭の中に存在する。 それは、同時に2つの事を考える事ができるってこと。 たしかにCPUは二分される。 注意散漫といえばそうとも捉えられるが、1つの物事に100%の思考を必要とされることは滅多に無い。だから…

桜の美しさは子供には分からない

「めっちゃタイプです。今晩お付き合いください」 「別に今晩だけじゃなくてもかまいませんけど」 僕はこの時ほど『酒の力』に感謝し、そして恨んだことはない。 通いなれた小料理屋にはコロナの影響が感じられない。普段と変わらない盛況ぶり。 自粛を求め…

おめでとう、おめでとう、おめでとう。そしてありがとう。

僕ら仲良し6人組の一人におめでたいことが起きた。 仲良しと書いて『親友』とも言う仲間にだ。 6人全て同じ年齢であるから、今年43歳を迎える。そのうちの一人が遂にお父さんになった! おめでとう! 結婚してからしばらくたっても妊娠の話がなかったから、…

許される不倫の形があるとしたら  【実録W不倫物語】

『不倫』は決して許されるものではありません。自分を含め周囲を巻き込み、全ての形を、積み上げてきた人々との時間を関係を破壊しかねない危険な行為。他人の心を平気で傷つける行為。 そうです。不倫とは決して許されない『行為』なのです。 ちなみに『行…

別れた相手に未練があるってこういうことなんだ・・・【離婚後に気を付けるべき事】

三組に一組が離婚する世の中。僕も立派なバツイチですし、周囲にも普通にバツイチがいます。『普通』と表現していいのか分かりませんが既に離婚は珍しい決断ではなくなったようです。 そんな、珍しくもないバツイチどうしで話した時のことを紹介します。 僕…

正さなくていい間違いもある  【中年男性の失恋】

互いにグラスを持ち上げ「お疲れっす」と乾杯し一口飲みほした後、「明日は早いから」と意味不明な事を田口さんは言った。 自分から誘っておいてそりゃないだろ・・・ 数日前、久しぶりに仕事をお願いした。正確には4年ぶりだろうか。 田口さんとの付き合い…

アラフォーにもなると、そもそも本気で人を好きになるのが難しい

アラフォー独身の僕は、ただいま絶賛彼女募集中です。本気度は別にして。 既婚時代が長かった僕は、恋愛に対して本気で悩んだり考えたりしたことがありませんが、彼女募集中とあらば、今から考えなくてはなりません。そして考えてみた結果、あれ??って思い…

J-9  離婚した夫婦の性格の不一致を具体的に晒してみる

僕はシングルファザーです。子供二人を引き取りました。 『引き取った』という表現は宜しくない。僕自身、子供と離れるつもりはありませんでした。 しかし、ラッキーな事に、母親である妻は子供を連れて行こうという意思はなかった。本当にラッキーでした。 …

雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう【美人な借金取り】

タイミングはバッチリだった。 時間も、場所も、二人の雰囲気も。 大したことない金額で良かったと、安心して焼肉屋を出た。会計をする幸子の後ろで待っていた僕。「ご馳走さまでした」と頭を下げて、次で最後の店にしようと二人でBarに向かった。 小雨が降…

謝罪の真意はどこにある?

「お母さん!ありがとう!!」 店の引き戸を開けた先にいた、高齢の女性に幸子は声を掛けた。どうやら知り合いのようだ。 店内には所狭しと客が座り、全員が肉を焼く煙は換気が追い付かないことを知らせているかのように充満し、店の中を薄っすらと白く濁し…

借金取りがやってきた

この間はごちそうさま お昼の休憩中にラインが鳴った。彼女は悪びれもせず、ポップなスタンプと一緒にお礼の言葉を送信したつもりのようだ。 『あぁ、来たな』と思った。彼女から連絡が来た瞬間に、未払いになっている飲食代の請求だろうと予測できた。 ご馳…

僕に与えられた『期限の利益』

「私、怒ってるんだけど」 ※この話の続き www.hontoje.com とりあえず僕たちは居酒屋を出た。幸子さんが店を出ると言ったから。 僕の前を歩く幸子さんは、急に振り返り、鋭い目を向けてきた。 何を怒っているのか?見当もつかない。 「ミフケタさん、なんで…

期限の利益と男と女【綺麗なお姉さんは危険】

「何で帰るんすか?」 「え、タクシー」 「じゃあ僕、捕まえますわ」 今しがたお開きになった忘年会は、主催者側の怠慢な気持ちが強く感じられる会だった。 忘年会らしい特別なイベントも無く、だらだらとした、ただの食事会。 代表者が1人ずつ丁寧に挨拶に…

忘年会での失態 記憶喪失  【削除必須の動画】

これは、ちょっとしたカミングアウトです。 僕は、40歳付近からお酒を飲むと記憶が無くなるようになりました。 目が覚めると自宅のベッドってことが頻繁に起きます。 毎回ではないですよ。飲みすぎた時です。 仕事関係の酒席は大丈夫なんです。 気心知れた仲…

半分欠けた月の下でのホームパーティー

「住所教えてもらえれば、携帯見ながら向かいます」 11月の夕方は日暮れも早くて寒い。 厚着をし、僕は田山さんの家に向かった。 少し高級な日本酒と、友達に教えてもらったワインを背中のバッグに入れて、自転車をこぐ僕は、ちょっぴり不安を感じている。 …

【ラブ・アクチュアリー】 離婚の後遺症

恐ろしいほど素晴らしい映画を観た。 しかし、そのレビューを書くつもりはない。 今回は少しカミングアウトな内容になる。興味のある方だけ、読み進めて頂きたい。 恐ろしいほど素晴らしい映画を観たが、なぜか僕はその素晴らしさを表現することが出来ない。…

報われることのない反省【後悔しない離婚】

離婚して4年が経過した。 『キツさ』も徐々に和らいで、やっと普通に「離婚しました!」と元気よく、他人に言えるようになった。僕から切り出した離婚だ。未来の展望も夢も希望もあった。計画を練りに練っていた。大きなもめ事にもならなかった。 なのにあ…

人生に三回訪れるチャンスの一回目の話【モテキ1回目】

息子が2歳の時、風邪をこじらせて入院した。今から20年近く前の話。 その日の僕は、先輩と約束があり飲みに出かけることになっていた。 病院に付き添う妻と、風邪で苦しむ息子に、申し訳なさを感じながら、しかしどうしても先輩との飲み会を断ることはできな…

【天童・ラフランスマラソン】約束を交わさない別れ 最高に素敵な『ハズレ』

二人ほどが並べる幅がある列に僕は入った。 二人並んで進んだとしても、発行するのは一人ずつなので、結局進むのが遅い。 どんなルールで処理をしているのか分からないが、僕の前が進んだり、隣の人たちだけが進んでみたりと、完走証の発行はランダムに行わ…

スポーツの秋には素敵な出会いがありました

「ありがとうございました」 突然声をかけかれた。 その時の僕は、膝に手を当てて下を向き、最大級の悔しさが、落胆が体の中で爆発し、それが、そのエネルギーが体外へ放出しないように、目を閉じて周囲を遮断し、暴れる獣を押さえつけている時だった。 振り…