ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

人気の読み物

子供が産まれて変わったこと

独身の頃の僕は、今では考えられないくらいヤバい男でした。 乱れていたというか、だらしなかったというか。 高校から付き合っていた女性がいましたが、その彼女の前では晒すことのできない、もう一人の自分がいました。 お金にも女にも、生き方にも、とにか…

【結婚式 父親 片親の結婚式】おやじの涙

僕の友人に、片親で育てられた女性がいる。 片親というのは、父のほうだ。 幼いころに病気で母を亡くして以降、ずっと二人で暮らしてきた。 そんな彼女からご招待頂いた結婚式での話。 ※当時の映像を観ながら書きました。身バレ厳禁ですので、写真は全てイメ…

【不倫を終らせたい人へ】不倫って『恋愛関係』じゃなくて『利害関係』なんだよね

この記事は、既婚者を対象とした関係を前提としますので、『浮気=遊び』『不倫=本気』という扱いにします。不倫は恋愛感情が伴うので、遊びの域からは脱しているはずですから。ググって出てくる一般的な定義と少し違うので、お間違えなく。 この定義をもっ…

初恋で学んだこと 

小学校5年生に初恋をした。 逆上がりより。かけっこの一番をとることより。 ビックリマンシールより、大切な物が見つかった。 その恋は高校2年生まで続いた。 ずっと片思いだった。 僕はその恋で、学んだ。 そのことは今でも心に刻まれている。 幼かった僕…

【スポ根 野球 実話】あの日の空は高く青く突き抜けて そしてどこまでも遠く広がっていた

長いですが、実話です。読み終わるまで15分ぐらいかかります。 お暇な方。スポ根好きな方。野球好きな方は是非読んでみてくださいm(__)m 9回の表 1アウト ランナー3塁 スコア0対0 相手の攻撃 相手バッターは3番 この試合で1本ヒットを打たれている。 キャッ…

努力することに疲れた方へ 自分を見つめ直してみて

ガーベラの基本的な花言葉は『前進・希望・努力』だそうです。 皆んさん胸ポケットに刺してるんでしょ『ガーベラ』を。 どうせみんなやってるんでしょ 『努力』ってやつを 努力とは何か 自分を奮い立たせること やりたくない事をやること 人が休んでる時、自…

『猟奇的な彼女』を観て自分を見つめ直した ※映画のレビューではありません

行きつけの飲み屋でしりあった紳士なおじ様がいる。ちょっと変わっていて面白い人。テレビ関係のお仕事をしていて、この間は新人アナウンサーと一緒だった。僕よりずっと年上なのに同席している男性は新人アナウンサー。新卒だから22歳か23歳。そんな年の差…

ラッキーカラーは青だった

親友ということ以外で、社会人として尊敬している奴がいる。いつものメンバーの中にだ。僕の言う『いつものメンバー』とは、小学校からずっと一緒で今でも親交のある5人。 中学や高校時代の僕たちは、田舎に住んでる影響が大きくて時間を持て余していた。「…

他人に嫌われることを恐れないと宣言します

他人を尊重し慈しむ心は、何も日本だけが声高に唱えているわけではなく、世界共通の『人間としての心』の教えだと思います。 その事を僕は当たり前のように実践してきました。しかし、必ずしもそのことが正解では無いのだと、いまさらながらに考えを改める事…

今宵のJazzは凄かった!! 田沢湖ジャズ倶楽部 【HUMADOPE2 Jazz Concert】

冒頭から凄かった!! 音楽を聴いただけで発汗を覚えたのは初めてかもしれない Jazz素人の僕は何が凄いのか分からない。でも凄い!! 凄いと感じる!! 爆発音のようなパワーのドラム。 音の後ろからやってきて、体全てを震わせるウッドベース。 流れるよう…

誰だ!子猫を捨てたやつ!!出てこいや!!  捨て猫保護しました

2018年9月 仕事を終え帰宅した。ランニングするにはまだ気温が高い。しかし次のレースは田沢湖マラソンのフル。しっかりと完走したい。疲れておっくうになっている気持ちにカツを入れて家を飛び出した。お決まりの練習コースは、もうかれこれ千回以上走って…

【暇つぶしに笑いを】  これまでに見た、人間の個性あふれる瞬間11選

『普通』や『常識』とは、過去からの蓄積による情報を加味し、一般的には多数に入るであろう行動や言動や思考を指す。しかしそれは、あくまでも自分自身のみの解釈。それが必ずしも『正解』とは断言できない。価値観は多様化し、時代は常に動いている。もし…

【授かり婚 離婚 離婚後 実話】妻よさらば  君への『情』は一生消えない それが『愛』ではないことを祈るばかりだ

世間は僕たちを、有り触れた、仲の良い家族として見てくれていただろう。 ただ、ちょっと違うのは、子供の年齢の割に僕たち夫婦が若すぎるということかな。 現在41歳の僕には二十歳の息子と、高二の娘がいる。 しかし、妻であり母親であり人生の戦友だった彼…

子供にイライラ  そして自己嫌悪   対策は『あなた』の中にある ~親心というガバナンス~

虐待のニュースが絶え間なくメディアから流れてくる。 どんな理由があっても虐待という行為を擁護することはできない。 なぜ、なぜ、なぜ虐待という悪魔より恐ろしい行為を行うことができるのか。特殊な人外の心の持ち主であることは間違いない。しかし、子…

あなたの家の外壁、本当に塗装するだけで大丈夫ですか? 「塗装」か「張替え」かの見極め メリット・デメリット

ご自宅のメンテナンス、長年にわたり住み続けるには、絶対に必要なこと。 特に、雨や風にさらされ、厳しい環境に置かれている屋根や外壁。 一般的に5年から10年のスパンで塗装を施すのが良いとされています。 屋根は、外壁工事をするときに、周囲に足場をか…

今時の女子高生って未知の生物なのだが・・・ ~妻が残してくれたもの~

思春期を迎え、高校二年生になる娘。 僕には理解できない化粧をし、髪の毛で隠した耳には、ピアスの穴が開いている。 まだ隠してるだけ可愛いなと思っても、男の子のような言葉使いは隠されることはなく 「別に、いんじゃね?」 と僕に言う。 これが今時(い…

毎日が同じ日々の繰り返しだと嘆くのなら 刺激は自分で作るのみ!

年齢を重ねるごとに、一年の過ぎ去るスピードが増していく感覚に陥ります。 経験を重ねるうちに、色々な事に慣れて、刺激が感じられなくなり、記憶に留まる物事が少なくなる。 それでも僕たちは生きていて、時間は過ぎていく。 過ぎた時間の割に、記憶の量が…

二十歳になるまで、子供を育ててみた

21歳で結婚し第一子が誕生してから20年が経ちました。でき婚でした。 現在僕は41歳。若い父親です。 遊びたい盛りの時期に家庭を持ちました。 様々な誘惑が目の前にチラつくのを振り払い、仕事と父親と旦那を務める日々でした。 友達連中がハイスタやモ…

おふくろの味が身に染みて、心にも染みた

若かりし頃の僕は、あまり恵まれた環境に身を置くことができず、家族愛や両親の愛とは無縁の生活を送っていました。 物心ついた時から、喧嘩の絶えない家庭は、幼心から「温かさ」という感覚を奪っていきました。 毎日のように始まる大人たちの喧嘩。下のリ…

真剣に離婚を検討されてる方へ ~離婚経験者としてお伝えしたい事~

道を選ぶという事は、必ずしも歩きやすい安全な道を選ぶってことじゃないんだ 肌を切る風の中に、わずかな温かさを感じる。 雨空の雲の隙間から見える日の光。 混雑する人込みの中に、笑顔で目くばせを交わしあう人々の姿。 僕が覚悟を決めるまで、色々な気…

【嫉妬深い人ほど浮気する】束縛する人の心理 ~信じるということ~

生きてると誰しも、裏切られた経験や、もしかしたら裏切った経験もあるかもしれません。 特に男女関係については、対個人の為、さらには法に触れる場合も少なく、割と簡単に「裏切り行為」が発生しやすいでしょう。 恋人同士や夫婦など、様々なお話を耳にす…

お爺ちゃんと僕と日記

僕はけっこう荒れた家庭で育った。 一番の原因は「お爺ちゃん」。お酒を飲むと暴れるのだ。 お爺ちゃんは、夜ごはんの時に、必ずお酒を飲む。いわゆる「晩酌」というやつだ。 飲み始めのころは上機嫌で、楽しそうに話をしているのだが、20分もたたないうちに…