ホントは とじぇね

ホントは寂しがりやのシングルファザーが叫ぶ! 誰かに届け!誰かに響け!!

アラフォーにもなると、そもそも本気で人を好きになるのが難しい

アラフォー独身の僕は、ただいま絶賛彼女募集中です。本気度は別にして。 既婚時代が長かった僕は、恋愛に対して本気で悩んだり考えたりしたことがありませんが、彼女募集中とあらば、今から考えなくてはなりません。そして考えてみた結果、あれ??って思い…

J-9  離婚した夫婦の性格の不一致を具体的に晒してみる

僕はシングルファザーです。子供二人を引き取りました。 『引き取った』という表現は宜しくない。僕自身、子供と離れるつもりはありませんでした。 しかし、ラッキーな事に、母親である妻は子供を連れて行こうという意思はなかった。本当にラッキーでした。 …

J-8  人生に迷ったら本を読め!!メンターがいない人にお勧めの6冊

皆さんの身近な人にメンターがいらっしゃいますか? もしいらっしゃるなら、あなたはラッキーです。仕事や人生のお手本にできる人が近くにいるのですから。 残念ながら僕の周りにはいませんでした。現在もいません。 人生とは迷いや悩みが多いもの。答えなど…

J-7  女性の気持ちが分からない人は、結婚しないほうがいいと思う

「いやぁ~俺、飲むとダメなんだよねぇ」 「そうなんすか?」「僕はそういうのしばらく無いから、今はどうなんだろう?」 1件目の途中でもう既にこんな会話が始まっていた。女性はどうか知らないが、男性の飲み会で下ネタは鉄板。鉄壁の鉄板なのだ。人間の…

飲みに行くたびに傘のグレードが下がる件

雨の日の外出時に使用するもの。それは『傘』が一般的だと思います。その他には『レインコート』でしょうか。いわゆる『雨カッパ』ですよね。 カッパは普通は使いません。お出かけの時は。そうでしょ?お出かけしてどうしても外を歩かなければならないとき、…

J-6  親孝行したいときには親はなし【親が喜ぶこと】

僕は今日、親孝行します。多分人生初の試みです。自分から狙って親孝行するのです。 僕の大好きな和食系の飲み屋さんで、フグのコース料理を両親と僕の3人だけで食べることにしました。子供たち2人を留守番させて、僕と僕の父、母の3人だけでの食事会です。 …

J-5 人を殴ったらどうなるか調べてみた

映画やドラマを見ると、人を殴るシーンがあったりします。ストーリー展開に任せて、何気なく暴力的なシーンをやり過ごしていました。 そんなシーンを思い出して「ムカついたからといって、こんなに簡単に人を殴って大丈夫なのだろうか?」なんて、冷静に考え…

J-4 割れた食器を見つけると嬉しくなる僕は、片付けの天才だと思う【片付けの極意は捨てる事】

食器を洗っているときに、割れたりヒビが入っている物を見つけると嬉しくなる。「あぁ、これでまた捨てられる」と思うから。 我が家には安くて使用頻度が低い食器が沢山ある。食器棚を埋めている。僕はそんな食器たちを見るたびに、少しだけ、ほんの少しだけ…

J-3 ランナー目線で語る、トレッドミルのメリット

平成20年(2008年)10月から始まった僕のマラソン生活も、令和2年の今年で12年目に突入しようとしている。 雪国で暮らす僕は、積雪シーズンになると、防寒対策をして外を走っていた。どんなに気温が低くても人は汗をかく。その汗は顔にまとわりつき、外気に…

J-2 ランナー目線で語る、トレッドミルのデメリット

平成20年(2008年)10月から始まった僕のマラソン生活も、令和2年の今年で12年目に突入しようとしている。 雪国で暮らす僕は、積雪シーズンになると、防寒対策をして外を走っていた。どんなに気温が低くても人は汗をかく。その汗は顔にまとわりつき、外気に…

J-1  インスタはその他大勢の集大成であり、夢や希望の疑似体験

人は常に自分と向き合いながら生きている。 自分の心の声と会話している。 まずは、他人と接触した時。 普通の人であれば一日のうちに、必ず他人と会話をする。他人とは自分以外の人間の事であり、家族だって他人である。自分以外の生き物なのだから。 人は…

10日間ブログを放置して思ったこと

2019年3月からブログを始めました。10か月経過した今、220記事を投稿しました。 以下内訳 3月:16記事 4月:23記事 5月:40記事 6月:28記事 7月:28記事 8月:26記事 9月:18記事 10月:15記事 11月:18記事 12月:8記事※この記事を除く 3月、4月は、恐る恐…

仕事前の30分で何が書けるか考えてみたら、日記的内容しか思いつかなかった

おはようございます。ミフケタです。 こちら秋田は曇りなり。このまま雨に向かいそうです。 僕は職場に到着するのが一番早いです。理由は色々ありますが、『心を整える』ためが大きな理由です。 基本的にビビりの僕は、仕事にとっかかる前に、気持ちの整理を…

雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう

タイミングはバッチリだった。 時間も、場所も、二人の雰囲気も。 大したことない金額で良かったと、安心して焼肉屋を出た。会計をする幸子の後ろで待っていた僕。「ご馳走さまでした」と頭を下げて、次で最後の店にしようと二人でBarに向かった。 小雨が降…

謝罪の真意はどこにある?

「お母さん!ありがとう!!」 店の引き戸を開けた先にいた、高齢の女性に幸子は声を掛けた。どうやら知り合いのようだ。 店内には所狭しと客が座り、全員が肉を焼く煙は換気が追い付かないことを知らせているかのように充満し、店の中を薄っすらと白く濁し…

借金取りがやってきた

この間はごちそうさま お昼の休憩中にラインが鳴った。彼女は悪びれもせず、ポップなスタンプと一緒にお礼の言葉を送信したつもりのようだ。 『あぁ、来たな』と思った。彼女から連絡が来た瞬間に、未払いになっている飲食代の請求だろうと予測できた。 ご馳…

僕に与えられた『期限の利益』

「私、怒ってるんだけど」 ※この話の続き www.hontoje.com とりあえず僕たちは居酒屋を出た。幸子さんが店を出ると言ったから。 僕の前を歩く幸子さんは、急に振り返り、鋭い目を向けてきた。 何を怒っているのか?見当もつかない。 「ミフケタさん、なんで…

期限の利益と男と女

「何で帰るんすか?」 「え、タクシー」 「じゃあ僕、捕まえますわ」 今しがたお開きになった忘年会は、主催者側の怠慢な気持ちが強く感じられる会だった。 忘年会らしい特別なイベントも無く、だらだらとした、ただの食事会。 代表者が1人ずつ丁寧に挨拶に…

忘年会での失態 記憶喪失  【削除必須の動画】

これは、ちょっとしたカミングアウトです。 僕は、40歳付近からお酒を飲むと記憶が無くなるようになりました。 目が覚めると自宅のベッドってことが頻繁に起きます。 毎回ではないですよ。飲みすぎた時です。 仕事関係の酒席は大丈夫なんです。 気心知れた仲…

読者の皆様に、実験開始のお知らせ

こんにちわ。こんばんわ。『みふけた』です。 さて、今年も残すところ1か月となりました。 僕のブログライフもなんとか続いております。それもこれも、読者の皆様あっての事。 現時点で284人もの読者登録を頂いております。このような弱小雑記ブログに、こん…

毎年悩む、スタッドレスへの交換時期

今年も残すところ約1か月。 僕の住む東北には、早くも雪がちらつき始めました。 ただ眺めているだけなら、風情があって情緒的で美しい雪。 しかし、雪とはそんなに甘いものではありません。 雪国に暮らす僕は、雪が大嫌いであり、大好きです。 でも大嫌い!…

半分欠けた月の下でのホームパーティー

「住所教えてもらえれば、携帯見ながら向かいます」 11月の夕方は日暮れも早くて寒い。 厚着をし、僕は田山さんの家に向かった。 少し高級な日本酒と、友達に教えてもらったワインを背中のバッグに入れて、自転車をこぐ僕は、ちょっぴり不安を感じている。 …

うわのそら

子供にとっての母親がいなくなり、僕にとっての妻がいなくなり3年と5か月。 ドラマで見るような、アットホームな家族団らんの時間や、「あれ取って」だけで伝わるような成熟した家族模様からは程遠いが、離婚を期に我が家には静寂が訪れた。 心配事と言った…

初めてのスポーツジム選びで考えた事とその結果

僕は、市民ランナー歴11年になります。 大会に出場するようになると、自己ベストを目指したくなり、真面目にトレーニングするようになりました。 雪国秋田に住む僕にとって、冬場はトレーニング量の落ちる季節です。 公共施設の体育館内をグルグルと周回した…

ブログを1週間放置したら、大変な事になった!!

こんにちわ!こんばんわ!ミフケタです。 さてさて、ブログを始めてから9か月が経過しました。少ないとはいえ、PVも安定してきています。 そこで疑問に思ったのが、「このPVの安定はいつまで続くのか?」ということでした。更新しないまま放置したら、このPV…

【ラブ・アクチュアリー】 離婚の後遺症

恐ろしいほど素晴らしい映画を観た。 しかし、そのレビューを書くつもりはない。 今回は少しカミングアウトな内容になる。興味のある方だけ、読み進めて頂きたい。 恐ろしいほど素晴らしい映画を観たが、なぜか僕はその素晴らしさを表現することが出来ない。…

報われることのない反省【後悔しない離婚】

離婚して4年が経過した。 『キツさ』も徐々に和らいで、やっと普通に「離婚しました!」と元気よく、他人に言えるようになった。僕から切り出した離婚だ。未来の展望も夢も希望もあった。計画を練りに練っていた。大きなもめ事にもならなかった。 なのにあ…

どこまでも、どこまでも月が追ってくる

一緒に布団にくるまっている猫を起こさぬように、そっと左の脚からベッドを下りる。カーテンの隙間から漏れる明かりだけでは、暗すぎてドアを目視することができない。 でも、とっくの昔に壊れてしまった足元灯を取り換えるつもりはない。 夜の夜らしさを感…

大人になってから始まる新たな成長が輝いて見えて泣けてくる

わりぃけど、俺の方が上だから 大人げない自分の感情に苦笑いしながら息子の話を聞いている。 紆余曲折があり、4年生の医療系専門学校を自主退学して、今年の春先に就職した息子。 志した道とは全く畑違いの職種。 「おい!金返せ」だなんて、言っちゃあいけ…

寒い日は手を繋ごう

大好きだけど、迷惑な季節が近づいてきました。 一雨ごとに寒さが増して、そのうち雨が雪に変わる。 ここ東北の秋田は、早い人だと今月には、スタッドレスタイヤに交換して、安全と安心の確保を行います。 休日に家の外からタイヤ交換の音が聞こえてくると、…